エンジニアとして、上流工程の仕事に継続的に携われるか不安です

Pocket

【ご質問内容】

29歳です。

社員150名規模の3次請けのソフトハウスに、インフラエンジニアとして就業しています。
人間関係は良好な会社であり、今は基盤の設計構築やサブリーダーの経験をさせてもらっているため、仕事内容も満足していますが、今後も今と同じような上流工程の仕事に継続的にアサインされ続ける事が出来るかを考えると不安です。
転職を視野に入れた方が良いのでしょうか?

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
結論からお伝えを致しますと、『現在3次請けのソフトハウスに勤務をされているということですので、確かにプロジェクト次第で得られるスキルが変わることが予想をされます。
今後も継続的に上流工程の仕事ができるかどうかもプロジェクト次第になってしまうことを考えますと、転職も一つの選択肢として考えてもよろしいかと思います』と言うのが、私からの回答になります。

ご質問者様のご経験の詳細まではわかりませんが、基盤設計・構築の経験が積めていることや、サブリーダーとの役職にも就いていることを考えますと、同年代の中では評価される経験をされているように思います。

ただ、現在のプロジェクトがでは良い経験が積めていても、現在お勤めの企業が3次請けのソフトハウスの立場ですと、プロジェクト次第でサーバ運用のプロジェクトやインフラ製品の検証業務等の現在よりもキャリアダウンになる経験をしなければならない可能性も否定はできません。
そうなりますと、後々に転職活動をする際にも『なぜ良い経験を積んでいたのに、その後キャリアダウンになる経験を積んでしまったのか?前回のプロジェクトで何か大きな失敗でもしたのか?』と悪い印象を持たれる可能性もあり、マイナス評価になるリスクもございます。

そういったことも含めて考えますと、継続的に上流工程の経験を積んでいきたいということであれば、遅かれ早かれ転職を決断しなければならない時がやってくるかと思われます。
自分自身が良い経験を積むことができていると感じられるということは、企業側も評価をする経験をしていることにもなりますので、良い経験が積めていると感じられている間に、転職活動をされることが、転職活動を有利に進める上でも重要になりますので、転職のタイミングを間違えることがないようにご注意頂ければと思います。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の今後の参考になれば幸いでございます

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket