サーバエンジニアとは

Pocket

概要

・サーバエンジニアとは
・サーバエンジニアの仕事内容とは
・サーバエンジニアの年収とは
・サーバエンジニアに求められるスキル・人物像とは
・サーバエンジニアを目指す方へ

サーバエンジニアとは

サーバエンジニアとは、アプリケーションサーバやDBサーバなどの各種サーバシステムおよびサーバ機器の設計・構築・設定・運用・保守を専門的に行うエンジニアのことを指します。
企業によっては、ネットワークエンジニアの業務の中に含まれるものと定義しているケースもございますが、一般的には、ネットワークエンジニア業務のサーバ部分を専門的に扱うエンジニアをサーバエンジニアと定義されております。

サーバエンジニアは、担当するサーバの種類によって必要な知識やスキルが異なります。
サーバの種類としては主に、データベースサーバ、Webサーバ、アプリケーションサーバ、ファイルサーバなどが挙げられます。
しかし、どのサーバを扱う場合も、OSの知識やネットワークの知識は必要になり、アプリケーションサーバの場合は上記の知識に加えて、アプリケーション開発の知識や技術も求められます。

サーバエンジニアの仕事内容とは

『サーバの設計・構築』
サーバエンジニアの仕事は、大きく分けた場合2つあります。
1つはサーバ機器の構築作業、そしてもう1つはサーバの運用・保守作業になります。
サーバ設計では、サーバのスペック(CPUの処理能力やメモリの容量)やネットワーク回線の通信速度や利用電源容量、コスト面が適当かどうか、将来の拡張性等を考慮して、最適な構成が考えられるように、アプリケーションエンジニア等と相談しながら、話を詰めていきます。
その後、その設計に基づいてサーバOSの設定やミドルウェアの設定を行い、実際にサーバを構築していきます。

また、ラッキングや配線などの物理的な作業も、サーバエンジニアにとって重要な業務の一つになります。
ラッキングを行う際は、今後メンテナンスがしやすいよう配慮しながら設計を行う必要があります。

『サーバの運用・保守』
サーバの運用・保守作業は、サーバを実際に運用しながら、その時々の状況に応じて変更を加え、管理していく業務です。
サーバに何か障害が起きてしまった場合には、障害の原因を探り、再び問題なく運用できるよう復旧作業を行います。
また、サーバが攻撃されていないかの確認や日々のメンテナンスも、重要な作業の一つです。
障害を未然に防ぎ、サーバの状態を良好に保つことが、サーバエンジニアに求められています。
このようにサーバエンジニアは、コンピューターシステムを陰ながら支えるという大きな役割を担っています。

サーバエンジニアの年収とは

サーバエンジニアの年収は、担当フェーズ(要件定義・設計・構築・運用・監視)やプロジェクトの規模・企業の立ち位置(1次請け・2次請け・エンジニア派遣)なのか、また残業時間の有無や福利厚生等によっても年収が大きく変動をするため、一概にまとめることが難しいところではございます。

下記年収はサーバエンジニアとして、おおよその目安としての金額になりますが、IT業界内での相場としてお考えください。

◆1次請け企業のサーバエンジニア(設計・構築経験者)
プロジェクトマネージャークラス 約650万円~1000万円
プロジェクトリーダークラス 約550万円~700万円
メンバークラス 約450万円~600万円程度

◆2次請け企業でのサーバエンジニア(設計・構築経験者)
プロジェクトリーダークラス 約450万円~650万円
メンバークラス 約350万円~450万円程度

◆エンジニア派遣企業で、サーバエンジニア(設計・構築経験者)
チームリーダークラス 約400万円~550万円
メンバークラス 約300万円~400万円

◆サーバ運用・監視エンジニア
チームリーダークラス 約350万円~500万円
メンバークラス 約300万円~400万円

また、地方のインフラエンジニアの年収に関してですが、地域によって年収レンジは変わってきますので、一概には言えませんが、基本的に大都市圏(東京・大阪・名古屋)でのインフラエンジニアと比べると、約2割から3割年収がダウンをするケースが一般的です。

理由としては、ネットワーク・サーバに関わるプロジェクトの多くは、本社機能がある東京や大阪、名古屋等に集中をするため、必然的に地方に本社を構える企業が、大都市圏と比較をすると少ないことから、求人も少なくなるという関係性があり、求人が少ない=需要が少ないという関係性が成り立つため、自然と年収も下がっている傾向が見て取れます。

サーバエンジニアに求められるスキル、人物像とは

(未経験からサーバエンジニアを目指す方)
未経験からサーバエンジニアを目指される場合は、ITの勉強を始める事(資格取得に向けた勉強)が、一番の近道です。
その中でも一番のお勧めはサーバ系の資格である「LPIC」「MCP」を取得する事です。
資格が無いとサーバエンジニアの仕事が出来ない訳ではありませんが、未経験者がサーバエンジニアの職種を希望する際には、資格取得は別格扱いです。
LPICやMCP等の資格はサーバエンジニアを目指す上で、取得をしておきたいところです。

(サーバ運用・監視から設計構築へキャリアアップしたい方)
上流工程の経験ができるように、社内にてプロジェクトへの異動を検討する必要があるかと思います。
その際には、派遣先に具体的にスキル・知識を持っていることを証明する意味でLpic3やMCSE等のサーバ系の上位資格を持っていることや自社の研修施設やご自宅にてサーバを実際に立ててみるなどサーバOSの設定・ミドルウェアの設定等の経験を磨いておくことが大切です。
また、社内にサーバ設計・構築のプロジェクトが無い場合は、環境を変える以外にキャリアアップが難しいことが考えらえますので、転職を視野に入れる必要かと思います。

サーバエンジニアを目指す方へ

近年はネットワークのクラウド化が進み、自社にサーバを置かない企業も増えており、エンジニアの中には、サーバエンジニアは不要な存在になるのではないかということを心配をされる方も多く見受けられます。
当面、サーバエンジニアへの需要が引き続き高い傾向が続くと思われますが、ただ単に設計に基づいたサーバの設定ができるだけのエンジニアでは業界内で生き残ることは難しいことは十分考えられます。

サーバエンジニアとして業界内で活躍するためには、今まで以上にサーバだけでなくネットワーク・クラウドサービスの知識を深める必要があります。
また、ビジネスに使用するデータ量が加速的に増え続けており、更にコンピューターの性能向上が拍車をかけ、「ビッグデータ」という言葉が注目を集めるようになりました。
サーバのデータ処理能力を向上させ、ビジネスで有効活用できる仕組みを作ることまでが、サーバエンジニアに求められるようになってきております。

Pocket

Posted by 角田 壮史