ニートからのIT転職なら、インフラエンジニアをすすめる5つの理由

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

ニートやフリーターから就職・転職を考える際に「ITエンジニア」に興味を持つ方は多いですが、ITエンジニアはニート・フリーターからでも就職・転職は可能です。

ただし、ITエンジニアといってもポジションによって難易度が大きく異なりますので、ITエンジニアのポジションにこだわりがなければ、「インフラエンジニア(ネットワークエンジニア含む)」をおすすめします。

インフラエンジニアはネットワークやサーバーといった「ITインフラ」を仕事とするポジションであり、職歴が無くともやる気があれば、評価をもらえる職種です。

今回は、ニートやフリーターの方に「ITインフラエンジニアをおすすめする5つの理由」と、転職エージェントを行っている当社で転職支援を行った「正社員経験をお持ちでない方の転職事例」を説明します。

 

もくじ

 

ニートからIT転職で、インフラエンジニアをおすすめする理由①:正社員の経験が問われにくい

N811_notepcwosawarubiz_TP_V

ITエンジニアは需要が高いですが、人手が圧倒的に足りていません。

ゆえにITエンジニアは未経験者でも「やる気がある人」であれば積極的に採用が行われていますが、とはいえ完全未経験からのITエンジニア転職は、それ程簡単なものではありません。

やはり内定をもらうためには、採用企業の「採用基準」を突破する必要がありますが、Web系エンジニアやプログラマーといった開発系エンジニアのポジションと比較すると、「インフラエンジニア(ネットワークエンジニア含む)は、正社員の経験が問われにくい傾向」が強いです。

正社員経験が問われにくい理由は、「インフラエンジニアの場合は、決まった作業をマニュアル通りにこなすようなオペレーション業務」が最初は多いためです。

開発エンジニアですと、自発的に考え動くことを求められるため、正社員をより求められる傾向がありますが、ニート・フリーターといった正社員経験をお持ちでは無い方は、インフラ系エンジニアの方がスムーズに転職しやすく、不安も少なく入れるでしょう。

ニートからIT転職で、インフラエンジニアをおすすめする理由②:転職準備に必要な時間が少ない

ITエンジニアの中でも、Web系エンジニアやプログラマーといった開発エンジニアは、転職準備までの期間がやはりかかります。

ニートやフリーターの人がWeb系エンジニアやプログラマーになるためには、「転職活動前にプログラミングを学ぶ」必要があり、プログラミングスクールに通っても、早くても3ヶ月はかかるでしょうが、インフラエンジニアはインフラ系資格を取れば転職出来るでしょう。

ニートやフリーターの方が転職時に必要となるインフラ系資格は、ネットワーク系資格である「CCNA(CCENTでも可)」、もしくはサーバー系資格である「LinuC(LPIC)level 1」ですが、早ければ1ヶ月以内で取得が出来るでしょう。

また、資格取得は独学でも十分に出来ますので、ニートやフリーターの方の一番の強みである「今ある時間」を使えば、短期で転職成功に繋げることが出来るでしょう。

ニートからIT転職で、インフラエンジニアをおすすめする理由③:エンジニアになれば、学歴・職歴関係ない

エンジニアはどの職種も基本的には「エンジニアになってしまえば、学歴・職歴が関係なくなる」のは事実であり、インフラエンジニアも同じく学歴・職歴関係ない職種です。

ゆえに、インフラエンジニアには、大学、専門学校中退者や、フリーター出身の方で、人生を再出発させたいといった方が多い事が特徴です。

また、エンジニアになれば、「スキルアップ」が「キャリアアップ」に直接つながります。

エンジニアとして成長をすれば、学歴・職歴関係なく、だれもが聞いた事があるような大手企業に転職をする事も可能です。

ニート、フリーターからIT転職で、インフラエンジニアをおすすめする理由④:同年代の新卒エンジニアと大きな差がない

gori0I9A9925_TP_V

正社員経験が無い中でITエンジニアを目指すと、同年代新卒で入社をした人との「レベルの差」に不安を感じる人もいますが、「インフラエンジニアの職種の場合、未経験で転職しても、新卒エンジニアとそれ程大きな差はありません」。

開発系エンジニアの場合は、大学や専門学校、また趣味でプログラミングをしてきた方が多いですが、インフラエンジニアの仕事であるネットワークやサーバーは、学校などで専門的に学んだ人は非常に少なく、社会人になって初めてネットワークやサーバーを学ぶ人ばかりです。

ゆえに、開発エンジニアと比較すると、インフラエンジニアの方が、同年代新卒のエンジニアとの差は感じにくいでしょう。

ニート、フリーターからIT転職で、インフラエンジニアをおすすめする理由⑤:他のITエンジニアと給与の伸びは同じ

エンジニアの職種で、Web系エンジニアやシステムエンジニアなど、いろいろな職種がありますが、基本的にITエンジニアは給与の伸びにそれ程違いはなく、基本的に給与レンジは同じと考えてよいでしょう。

ただし、開発系エンジニアは「プログラミングのセンスがある人(コードを書く事が趣味の人)」が大きく成長し、年収も上がる傾向があり、インフラ系エンジニアは「コツコツ勉強出来る人」が大きく成長し、年収が上がる傾向があります。

ただ、ニートやフリーターから「未経験で本当にITエンジニアに転職を出来るのか?」という疑問もあると思いますので、私が転職エージェントとして直近で転職支援をした「正社員経験をお持ちでない方の転職事例」を説明します。

正社員経験なしニート、フリーターの方の、未経験エンジニア転職事例

■転職事例(年収は万円単位で四捨五入しています):
・20才大学中退、アルバイトのみ、CCENT取得 ⇒ 正社員380万内定
・20歳高卒、アルバイトのみ、CCNA取得 ⇒ 正社員310万内定
・20才高卒、アルバイトのみ、実機を触って勉強 ⇒ 正社員330万内定
・20歳高卒、職歴無し、CCENT取得 ⇒ 正社員300万内定
・24歳専門学校中退、派遣社員のみ、CCNA取得 ⇒ 正社員330万内定
・25歳大学院卒、職歴無し、CCNA取得 ⇒ 正社員320万内定
・26歳大学卒、契約社員のみ、CCNA取得 ⇒ 正社員350万内定
・26歳通信制高校卒、アルバイトのみ、CCNA,LPIC-1取得 ⇒ 正社員350万内定
・27歳専門学校中退、アルバイトのみ、CCNA取得 ⇒ 正社員320万内定
・30歳大学中退、派遣社員のみ、CCNA取得 ⇒ 正社員320万内定
・30歳専門学校卒、派遣社員のみ、CCNA取得 ⇒ 正社員330万内定
・31歳高卒、派遣社員のみ、CCNA取得 ⇒ 正社員320万内定  等

上記の転職事例のように、正社員経験がなくても、エンジニアになるための努力で、未経験エンジニアとして正社員エンジニアに転職が出来ています(上記内容は「正社員経験なし」の方のみであり、他に正社員を1年以内で退職したような方もたくさんいます)。

さいごに

未経験IT転職は簡単ではありませんが、しっかり勉強をすれば、正社員経験がないフリーターやニートの方でも、正社員で転職出来るポジションです。

ただし、正社員経験を持っている方でも、正社員経験を持っていない方でも、安定したキャリアを築くことが出来る会社に転職をするには、「インフラエンジニアになるための事前努力は必要」です。

インフラエンジニアになるための事前努力は簡単ではありませんが、決して難しい訳でもありませんので、ITエンジニアとして人生をリスタートしたい方は、インフラエンジニアを一つの選択肢にすることも良いかと思います。

また、インフラエンジニアになりたいと考える方がいらっしゃいましたら、私どもで転職支援を行っておりますので、よろしければ、「転職相談」に、お気軽にご登録・ご相談頂けますと幸いです。

■転職相談・未経験ネットワーク・インフラエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

この記事を書いた人

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

大卒後にファイザーに入社し1年半で退職。第二新卒で転職のDODA(現パーソルキャリア)に転職し、24歳からIT業界の転職エージェントです。DODAではMVP、VPを取り、現在インフラ・ネットワークエンジニアの転職に特化した株式会社ソリューションパートナーでキャリアアドバイザーをしています。転職エージェント歴は14年で、700社くらいのIT企業の経営層、人事、現場責任者クラスとお会いし、3000名を超えるITエンジニアの方とお会いしてきました。たくさんの転職を考える人と、採用を考える企業と会ってきたからこそ、伝えられることがあると考えています。
株式会社ソリューションパートナー 代表取締役
転職エージェントランキングで表彰いただきました

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket