就職活動でOB訪問やインターンはすべきなのでしょうか?

Pocket

【ご質問内容】

文系の大学生ですが、友人にITに詳しい人間が多く、ネットワークエンジニアの仕事に興味を持っています。
インフラエンジニアを目指しています。
就職活動でOB訪問やインターンはすべきでしょうか?
メリットデメリットを教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、外資系メーカーに入社し、その後人材サービス会社のインテリジェンスにてIT業界の中途採用支援を行う。IT、通信、コンサルティングファーム、インターネット業界を中心とした転職支援を行っており、 得意職種はコンサルタント、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、社内システムエンジニア。

【転職エージェントの答え】

OB訪問やインターンは、個人的な意見ですと、すべきだと思います。
OB訪問は業界や企業、仕事、働く人を知る事が出来、インターンは働く事も学生のうちから
肌で感じる事が出来ますので、就職活動慣れする事もで、就職活動を上手く進める事が出来るのみでなく、
入社後の業務キャッチアップスピードにも影響すると考えます。

OB訪問やインターンを考えていらっしゃるとの事で、就職を前向きに考えていらっしゃる方とお見受けしています。

ご質問者様はインフラエンジニアで就職を希望されているようですが、既に希望職種を決めている場合でも、OB訪問やインターンは行う方が良いと考えています。

業界の事をWebや本で調べるのみでなく、コミュニケーションを社会人の方と交わして肌で感じる事が出来る非常に良い機会です。以前と比べてOB訪問やインターンを行う人は増えてきている感覚はありますが、未だに過半数の方はOB訪問やインターンを行われていないので、実施し、感じとる事や学ぶことは多いですし、OB訪問やインターンで学んだ事を面接で話すだけでも、OB訪問やインターンを行っていない学生と比較し、優位になると思います。

OB訪問やインターンは、内定への近道

OB訪問やインターンは、内定への近道だと思います。

インターンは就業体験を通して、企業側からは、良い方をそのまま新卒として採用に繋げたいと考えているため、内定への近道と考える方も多いと思いますが、OB訪問も同じ印象を持っています。

学生側の見方としては、OB訪問は社会人の先輩に話を聞く機会と考えているかも知れませんが、OBは企業人事などにより、「良い学生が居たら教えて欲しい、応募や選考ステップに進むように促して欲しい」と言われている方もおります。

就職ナビサイトから応募をすると、数千人のエントリー者の中から選ばれないといけませんが、OB訪問からリクルーターに繋がり、実は優先して選考が進んでいたという事はあります。

OB訪問が選考に繋がる印象を持ってしまうと、足を踏み出すのが怖くなる方もいると思いますが、OBは一人ではないでしょうし、多数の方とお会いする事で、社会人とのコミュニケーションに慣れる事が出来、これが就職活動で大きなアドバンテージになりますので、足を動かして失敗を恐れず挑戦してもらえればと思います。

以上、ご質問者様の参考になれば幸いです。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket