求人票の年齢制限記載に関して

Pocket

【ご質問内容】

求人票には年齢が記載出来ないと聞いていますが、年齢は以前と比べて重要視されなくなっているのでしょうか?

質問の回答者

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、外資系メーカーに入社し、その後人材サービス会社のインテリジェンスにてIT業界の中途採用支援を行う。IT、通信、コンサルティングファーム、インターネット業界を中心とした転職支援を行っており、 得意職種はコンサルタント、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、社内システムエンジニア。

【転職エージェントの答え】

年齢が重視されなくなってきている訳ではありません。
年齢に対してスキル・ヒューマンスキルの相対的判断である事は、以前と変わりません。
ただ、求人票に年齢が記載出来なくなったためではありませんが、
以前は30代後半以降のエンジニアの中途採用を行う事に二の足を踏んでいた企業も、
昨今の景況感により、採用を行い始めたという動きはあると思います。

ご質問者様のご質問の通り、以前は求人票に募集年齢を記載する事が出来ました。
例えば、対象年齢25歳~35歳といったイメージです。
しかし、現在は高齢者雇用安定法にて、求人票に募集年齢を記載する事が出来なくなりました。
現在募集年齢を求人票に記載するには、難易度が高い条件を満たす必要があり、ゆえにほとんどの求人には募集年齢の記載はありません。
しかし、募集年齢というものは、昔のように公となっていないだけで、現在も存在していますし、年齢が昔と比べて重視されなくなった訳でもありません。

また、以前から中途採用は、「年齢に対してスキルとヒューマンスキルは相応であるのか?」という観点での判断でしたので、「年齢に対して実力を相対的に判断」という内容は今も変わっていません。
企業は今も昔も、「同タイミングで応募されている求職者同士を比較」しているだけでなく、「自社の社員と求職者を比較」をしているのです。
例えば、30歳のエンジニアの方が、自社の中途採用に応募をされた場合は、採用側としては「自社の30歳の社員であれば、このレベルである」という観点があり、応募者と自社の社員の比較もしている訳です。
これが30歳以下であれば育成層と考える事も出来たりもしますが、35歳以上~40歳以上の年齢になると、「同年齢の自社の社員よりも優秀で無いと、採用は行わない」という感覚が強くなっていきます。
年齢が高くなればなる程経験をお持ちである確率は高くなりますが、一方で、社風に馴染む確率や、会社のやり方に馴染む確率は下がり、一定の年齢をお持ちの方は一定の力や職責をお持ちの方が多いですが、一定の力や職責をお持ちの方が退職すると、会社は痛手を受けます。
それならば、「若手で会社に馴染むタイプを採用したい」となり、必然的に年齢が高めの方は、採用ハードルが上がる訳です。

しかし最近は市況感の回復に伴い、人手が足りないため、年齢が若干高めの方も採用が進んでいく傾向が出てきております。
ですが、今後市況感が再度停滞すれば、採用年齢は以前と同様に若手主体に戻っていくかも知れません。

以上、ご質問者様の参考になれば幸いです。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket