企業が抱えるプロジェクト詳細を知りたい

Pocket

【ご質問内容】

クライアントからの直請け案件を持っている会社を希望しているものですが、どの会社のHPを見てもコンサルティングや設計と書いてありますし、面接に行ってみて聞いても、上流工程をやっていると言われます。
ですが、上流工程の割合が少ない会社も中には多いと感じています。
今の会社も上流工程をやっていると聞き、入社をしましたが、実際は下流工程ばかりです。
クライアントからの直請け案件や上流工程の案件の割合などを見抜く方法はありますか?

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
結論からお伝えをいたしますと、『クライアントからの直請け案件の割合や上流工程の割合を見抜くのは非常に難しいため、業界専門の転職エージェントに相談をし、情報提供を受けるのが一番早く確実に見抜く方法ではないかと思います』というのが私からの回答になります。

ご質問者様のおっしゃる通り、多くの企業側が『ITコンサルタントになれます』や『直請け案件が豊富にあります』『上流工程から担当できます』などの言葉を使い、採用活動をされており、会社のHPや求人サイトの情報だけでは、なかなか企業の本質を見抜くことが難しいのではないかと思います。
多くのエンジニアがキャリアアップのために上流工程やマネジメントを希望されているため、企業側も情報を上手くコントロールして、『上流工程から出来る』『直請け案件が豊富』と打ち出さなければ、なかなかエンジニアが採用できないこともあり、このようなことが起こっており、その結果としてご質問者様のような入社後のミスマッチが発生をしております。

実際に私も企業側に話を聞きにいくこともございますが、人事担当者に『直請け案件の割合はどの程度か?』『どのようなクライアントを直請けで請けているのか?』などを質問しますが、明確な回答を頂けないケースもあり、転職エージェントでも詳細がわからない企業もございますので、なおさら個人のお客様ではそのあたりの判断は難しいかと思います。

ただ一つの判断材料として見抜く方法は、いくつかございます。必ずしもすべての企業に当てはまるわけではありませんが、一つの参考にはなるかと思います。
まず、一番大きいのが【求人票に記載をされている年収が他の企業より高いか安いか】という点になります。
IT業界の構造上、1次請けの案件が多い企業は総じて収益率も高いため、社員の年収は上がる傾向にあります。そのため、年収が他の同業企業と比較してみて50万~100万円程度高い企業は、1次請けのプロジェクトの割合が高いということが言えるかと思います。

その他にも企業HPで【資本金や売上】【取引企業】を確認する方法もございます。
一般的に、1次請けでプロジェクトを受けた場合、仮にプロジェクトが失敗した際には、損害賠償請求をされるリスクがあるため、一定の企業体力が求められます。
そのため、資本金や売上が少ないほど1次請けの可能性は低くなっていきます。
また、必ずしもどの企業も取引企業を記載しているわけではありませんが、中には取引企業名をオープンにしている企業もございます。
その企業名を確認してみて、大手SIerの企業名が多く記載をされている場合は、基本的にそこから案件をもらっている2次請け・3次請けの立場であることが容易に想像できますので、そのあたりも一つの参考材料になるかと思います。

先ほども述べましたが、企業側もエンジニアの採用に必死で取り組んでいるため、少しでも採用が有利になるような情報に加工して打ち出してくるため、個人側で企業の本質を見抜くことは非常に困難です。
このあたりの正しい情報を得たい場合は、やはり経験豊富なキャリアコンサルタントに相談をすることが一番確実かと思いますので、相談をされてみてはいかがでしょうか。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の転職活動の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket