面接日程のリスケジュールは、どれほど心象を悪くするのでしょうか?

Pocket

【ご質問内容】

面接予定時間に運悪く緊急ミーティングが入り、面接当日に2回リスケジュールしてしまいました。
2回リスケジュールをしてしまったため、内定になる可能性が無いようであれば、選考を辞退しようと考えていますが、面接のリスケジュールの企業側の心象を教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
結論からお伝えをしますと、『具体的にどの程度心象が悪くなるかに関しては、企業によって違い・今回の面接官が誰なのか?また書類選考上の評価によっても変わるため、一概に言うことが難しいのですが、引き続き企業側から面接調整に関しての連絡が来るようであれば、まだ内定の可能性は十分にあると考えてよろしいかと思います』と個人的には考えます。

例えば、今回の面接官が人事担当者であれば、リスケに関しては、一定仕方がないと捉えてくれるケースが多く、合否に影響を与えることは少ないと思われますが、もし仮に、現場責任者クラスの面接を2回リスケしたとなると、日々多忙なスケジュールの中から予定をブロックして面接時間を確保している可能性が高いため、企業によってはこの時点でお見送りになるケースも実際にございます。
また、仮に今回の面接が1次面接だった場合は、書類選考の評価が『ぜひお会いしたい』という評価なのか『会ってみないとわからない』レベルの評価なのかによっても、企業側の対応が変わってくるため、正確な温度感に関してお伝えをすることは、正直難しいのが本音ではございますが、2度のリスケをしても、まだ再度面接調整をしましょう等の連絡が企業側からあるのであれば、悪い印象を少なからず与えてしまってはいるものので、面接次第で十分に内定の可能性はあると考えて問題はないかと思います。
内定が出ることがないレベルにまで企業側の心象が悪くなっているのであれば、企業側から『お見送り』の連絡がくることが一般的ですので、その観点でも可能性はまだあると考えて頂いて大丈夫です。

企業側としては、多忙なプロジェクトに入っている場合に関しては、面接リスケが発生をすることは、一定仕方がないことであると考えてはおりますが、面接のリスケが続きますと、残念ながらスケジュール管理能力に欠けている人という印象を持たれる可能性は否定できません。
2回のリスケは少ならずマイナスの影響は出てしまうところではありますが、必ずしもそれだけで合否の判断をされるわけでもありませんので、個人的に興味がある企業であるならば、引き続き選考を受けてみてもいいのではないかとは思います。

※引き続き選考を受ける場合は、必ず面接時に、2回のリスケになってしまったことを
お詫びすることは忘れないでください。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の今後の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket