面接で自己紹介を求められますが、どのように答える事が適切なのでしょうか?

Pocket

【ご質問内容】

面接で自己紹介を求められますが、企業側は自己紹介とはどのような内容を期待しているのでしょうか?
また、どのように答える事が適切なのかを教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
面接で企業側が自己紹介を求めてくるケースは多く見られますが、その意図としては、面接官は、応募者の第一印象、コミュニケーション能力、職務経験の概略、その経験が自社で生かせるものなのかを見極めるための、第一関門という認識で自己紹介を捉えているようです。
そのため、初対面である応募者の人物像、職務経験を知るうえで自己紹介は大切だと考えおり、自己紹介時の表情や語調から、自社の社員と社内で上手くやっていけるか業務を行っていけるかという点もチェックしています。

内容としては、最初に氏名を名乗り、応募企業・応募職種にアピールとなる経験・そこから身に着けたスキルの要約をお伝えすることが大切です。
多くの方が職務経歴書に職務概要を記載されていると思いますが、この職務概要が自己紹介の際にも役に立ちますので、この内容を参考にお話をされて問題はないかと思います。

※あくまで面接の自己紹介は、今までの業務上の簡単な経歴・大まかなプロジェクトの内容・スキルセットに関して回答をするものになり、趣味や特技等を伝える飲み会の自己紹介とは異なりますので、ご注意ください。

また自己紹介はどの程度のボリュームでお伝えをすべきか?という点にも触れておきますと、一般的には約30秒から1分程度にまとめた内容で回答ができることが、短くもなく長くもないバランスの良い長さになりますのでよろしいかと思います。
おおよそ文章にしますと6行から10行程度の内容を聞き取りやすいゆっくりとしたスピードで自己紹介のお話ができれば問題はありません。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の転職活動の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket