就業規則に「退職の意思表示は退職日の2ケ月前」と記載がある場合、2ケ月以上前に申告しないと退職出来ないのですか?

Pocket

【ご質問内容】

転職先が決まり、再来月から転職先に入社をする予定ですが、自社の就業規則を確認した所、「退職の意思表示は退職日の2ケ月前」と記載がありました。
この場合は退職の申し出から退職日まで2ケ月以上必要という事でしょうか?

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
ご質問者様がおっしゃる通りで、企業の設ける就業規則に「退職の意思表示は2か月前」と記載をされているのであれば、退職日から2か月以上前にその旨を企業に意志表示をして欲しいということになりますので、仮に今から退職交渉を始めるとなりますと、実際の退職日は2か月以上先になるということです。

ご存知かもしれませんが、民法上は退職の意思表示をしてから14日間で退職はできるとの規定がございますが、企業もビジネスへの影響を考慮して就業規則を設けておりますので、就業規則の内容に沿って、退職を進めていくのが円満な退職という観点ではよろしいかと思います。
転職先の企業も円満退職をしてほしいと考えているはずですので、退職日を早めなければならない大きな理由がない限りは、その規則に基づいて進めていくことが大切かと思います。

ただ、実際に私が転職サポートしたエンジニアの例でいいますと、就業規則上では2か月前に退職の意思表示をしなければならないという企業に在籍をされていた方でも、実際には1か月で退職をされた方もいらっしゃいましたので、何より重要なのは、現職企業に迷惑を掛けない状況で退職をすること、つまり引継ぎのスケジュールをしっかりと確保し、現在の業務に影響がない状況で退職できることを企業側に示すことができれば、より早いスケジュールで退職をすることは可能かと思いますので、そのあたりは直属の上司に相談をされることがよろしいかと思います。

中には、『6か月以上前に退職の旨の意思表示をすること』といった無謀な就業規則を設けている企業も過去にはございました。このようなケースは稀ではありますが、転職活動をされる方は事前に自社の就業規則を確認し、どの程度退職するのに時間が掛かるのかを把握したうえで、次に入社する企業と入社日を調整することが大切になります。
ぜひ転職活動時には、事前の就業規則の確認を忘れないように気を付けてください。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の転職活動の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket