【結論】ネットワークエンジニアになりたい方へ。選考で落ちる理由と対策を説明します。

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

未経験からネットワークエンジニアになりたい人や、ITオペレーターからネットワークエンジニアになりたい人は多いですが、応募して落とされると「向いてないかも・・」と思ってしまうかも知れませんし、「ネットワークエンジニアのなり方がわからない」と、悩む人も多いでしょう。

ただし、結論としては、「ネットワークエンジニアになるための対策」をやらないと、ほとんどの人が落とされます(対策無しで内定する人は少ないですし、内定をもらっても危ない会社かも知れません)。

世の中には「就職・転職の対策(準備)」に時間を使う人は多く、対策をしていないと、対策をしている人に勝って選ばれる事は大変です。

それでは具体的に、「どのような対策をすると、ネットワークエンジニアになれる」のでしょうか?

やり方としては、「選考に落ちる理由」の「逆」を進むことが一番スムーズでしょう。

今回は企業が未経験ネットワークエンジニアの選考でNGになる理由トップ3を「採用企業目線」で説明し、また具体的なネットワークエンジニアのなり方(対策方法)を説明します。

 

 

(企業の本音)ネットワークエンジニアの選考でNGにした理由トップ3

cookieIMGL9242_TP_V

まずは「未経験ネットワークエンジニア」の選考で、企業が「採用お見送り」とした本音の理由トップ3を説明します。

ネットワークエンジニアを未経験で募集する会社の「内定難易度」は会社によって異なりますし、NGの理由の言い方は企業によって異なります(NG理由を伝えない事の方がむしろ多いでしょう)が、未経験募集求人で落ちた場合は、採用企業はだいたい下記を考えています。

ネットワークエンジニアの選考でNGにした理由1位:未経験でプロジェクトにアサイン出来るかわからない

つまり、選考をした結果「プロジェクトに入れ無さそう」と思われてしまったためです。

「プロジェクトに入れなさそう」ってどういう事?

と思われる人もいらっしゃるかも知れませんので、「プロジェクトに入る」ということを説明します。

まず、未経験ネットワークエンジニアの場合は、基本的に「まずは、お客さま先(お客さまの職場)で仕事をしてもらう」事がほとんどです。

もちろん、経験を積んだ後に、ネットワーク設計などといった工程では、自社に仕事を持ち帰る事もあったりしますが、最初はほぼ「お客さま先」の仕事でしょう。

そのお客さま先の仕事に就く事を、「プロジェクトに入る」と言ったりしますが、プロジェクトに入るには「お客さまとの面談を通過」しないといけません(請負の場合は別だったりもします)。

その「お客さまとの面談」で落とされてしまうと、プロジェクトに入る事が出来ず、仕事ができずに「社内待機(会社によっては自宅待機の場合もあります)」となります(IT業界では、プロジェクトに入ってないことを「アベる(availableのアベです)」と言います)。

ゆえに、お客さま面談を通過しなそう(アベりそう)な場合は、基本採用されません(プロジェクトに入ってもらえないと、お客さまからお金をもらえず、給与だけを払わないといけないため、採用企業が赤字になってしまうためです)。

このお客さま面談は(プロジェクトの配属先によって求められるレベルは変わりますが)、基本はコミュニケーション力などといった「ヒューマンスキル」と、仕事を早期に任せられそうかといった「ネットワーク知識」の総合点になりがちです。

つまり、プロジェクトに入るための「ヒューマンスキル」と「ネットワーク知識」の総合点が足りていないと思われてしまった事が、一つの大きなNG理由です。

ネットワークエンジニアの選考でNGにした理由2位:本当に長続きするかわからない

つまり、選考をした結果、「何かがあった時に、辞めてしまいそうだ(早期退職の可能性がある)」と思われてしまったためです。

ネットワークエンジニアを育てるには、会社はお金と時間がかかります。

お金と時間をかけ、研修をして育てても、「退職」をされてしまうと、今まで育てたお金と時間が無駄になってしまうので、可能な限り長く勤めてもらえそうな人を優先して採用します。

ゆえに、面接では「簡単に退職しないか?」、「モチベーションを継続出来るか?」を判断するために、「今までの学歴・職歴で、選んだ理由、辞めた理由」から「辛い環境を乗り越えた経験」や「一つの事を深堀してやり続けた行動・取組」などが聞かれやすいといえるでしょう。

未経験ネットワークエンジニアで落ちる大きな理由の一つに、「本当に長続きするのか?」といった継続性も見られています。

ネットワークエンジニアの選考でNGにした理由3位:意欲不足

つまり、ネットワークエンジニアになりたい意欲が不足していると思われたためです。

この意欲不足というのは、「志望動機の強さ」だけを見ている訳ではありません。

もちろん志望動機の強さも見ていますが、志望動機と同等レベルで、下記が面接時のコミュニケーションにて判断されています。

・受け身、消極的ではないか?(受け身や消極的だと、なかなか育ちにくいため、意欲不足という判断)
・何がやりたいかをわかっているか?(何がやりたいかを分かってない、やりたい事が定まっていないと、意欲を発揮できないという判断)
・やりたい事に対して、努力をする姿勢が見えるか?(やりたい気持ちだけではなく、やりたいことをやるための「努力をする意欲」が必要)。

意欲が不足していると思われると、「ネットワークエンジニアとして育てる事が難しい」や、「育てても成長が遅そう」と感じられ、お見送りとなってしまいます。

未経験の場合は、「プロジェクトにアサイン出来るかわからない」、「本当に長続きするかわからない」、「意欲不足」の3つが、お見送りとなる主な本音の理由です。

では、このお見送り理由を改善するやり方は、どうすればよいでしょうか?

結論としては、ネットワーク系の資格である「CCENT」を取得すれば、ほぼ解消出来ます。

ネットワークエンジニアになりたいなら、CCENTをとりましょう

NKJ56_prezentbox_TP_V

CCENT(シーセント)は、ネットワークエンジニアの運転免許証のような存在であるCCNA(シーシーエヌエー)の下位資格であり、ネットワーク系の基本知識を学ぶことが出来る資格です。

このCCENTを取得すれば、未経験ネットワークエンジニアの選考で、下記のように見えます。

・プロジェクトにアサイン出来るかわからない ⇒ ネットワーク知識を持っているから、プロジェクトにアサインしやすそう
・本当に長続きするかわからない ⇒ CCENTを事前に取得しているから、簡単には退職しないだろう
・意欲不足 ⇒ 事前に学習していて、資格まで取っているから、意欲あり

また、CCENTを取ると、未経験で内定率が急上昇するだけではなく、知識ゼロ内定よりも年収が大きく上がる傾向が強く、非常におすすめです。

※もし年齢が29歳以上であれば、企業側にCCENTでは弱いと思われる可能性がありますので、CCENTの一つ上の資格であるCCNAを取得する方が無難ではあります。

ではCCENTはどのようにして取得するのでしょうか?

過去に関連記事として、CCENTの勉強方法【ネットワークエンジニアに転職するために】というを書いておりますので、CCENTの取り方を知りたい方はお読みください。

さいごに

今回は、未経験でネットワークエンジニアのなり方を説明しましたが、ネットワークエンジニアになるための一番の近道は「CCENT」取得です。

CCENTの独学取得は結構大変ではありますが、しっかり勉強すれば未経験独学でも問題無く取れます(未経験独学でCCENTを取得する人はかなり多いです)。

また、CCENTは2020年2月に終了しますので、興味がある人は、お早目に取得をされた方が良いでしょう。

また、CCENTやその上位資格であるCCNAを取得し転職したいと考える方は、私どもで「CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービス」も行っておりますので、ご興味があればお気軽にご登録・ご相談ください。

■関連記事:【必読】未経験でもインフラエンジニアになれますが、転職前に知っておいた方がよいこと
■関連記事:【解説】インフラエンジニアのキャリアパス、未経験から、経験者まで

■転職相談・未経験ネットワーク・インフラエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

この記事を書いた人

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

大卒後にファイザーに入社し1年半で退職。第二新卒で転職のDODA(現パーソルキャリア)に転職し、24歳からIT業界の転職エージェントです。DODAではMVP、VPを取り、現在インフラ・ネットワークエンジニアの転職に特化した株式会社ソリューションパートナーでキャリアアドバイザーをしています。転職エージェント歴は14年で、700社くらいのIT企業の経営層、人事、現場責任者クラスとお会いし、3000名を超えるITエンジニアの方とお会いしてきました。たくさんの転職を考える人と、採用を考える企業と会ってきたからこそ、伝えられることがあると考えています。
株式会社ソリューションパートナー 代表取締役
転職エージェントランキングで表彰いただきました

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket