CCIEを取得すると、どの程度の年収が見込めますか?

Pocket

【ご質問内容】

26歳のSEです。30歳までに年収1,000万円の大台を目指していますが、そのための手段としてCCIE R&Sを取得しようと考えています。
しかしCCIEを取得しても、年収1,000万円に届くのかが分かりません。
CCIE取得者の年収や、30歳までに年収1,000万円に届くやり方を教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、外資系メーカーに入社し、その後人材サービス会社のインテリジェンスにてIT業界の中途採用支援を行う。IT、通信、コンサルティングファーム、インターネット業界を中心とした転職支援を行っており、 得意職種はコンサルタント、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、社内システムエンジニア。

【転職エージェントの答え】

結論、早い段階でCCIE R&Sを取得されても、30歳のタイミングで年収1,000万円に届く可能性は非常に薄いです。
CCIEはSEとしてのキャリア形成には非常に効果的ではありますが、CCIEを取得するのみで年収を1,000万まで上げる事は難しいでしょう。

CCIE R&Sの取得だけでは、30歳で年収1,000万円は難しい

CCIE取得者に対して、全ネットワーク技術を司る神のような存在であると感じていたり、年収1,000万円プレイヤーといったイメージをお持ちの方も少なくないと思いますが、現実としては、CCIEだけでは年収1,000万円の壁は厚いです。
勿論、ネットワークSEとしてのキャリア形成という観点では、極めて有効です。
CCIEは世界の誰もが認める資格ですし、ネットワーク分野では国家資格よりも価値がある資格です。
CCIEを取得していると、名刺にCCIEと記載するだけで顧客等の方々からの見られ方も変わりますし、お話する事にも説得力を持たせる事も出来ます。
あわせて、CCIE取得者を要求されるプロジェクトも一部存在する事も事実です。
ただし、CCIEホルダーになれば、年収1,000円という訳ではありませんし、実際にCCIEを取得されていても年収が1,000万円に満たない方が多いです。

CCIEホルダーの年収とは

CCIEホルダーの年収はネットワークSEの中では高めですが、それでも平均すると700~900万円の方が多いでしょう。
CCIEホルダーでも年収が1,000万円を超えている方は、ご質問者様がイメージされている程多くは無いかも知れません。
年収1,000万円を超えている方は、外資系ベンダーやITコンサルティングファーム、他に大手企業の部長といった役職者クラス辺りになります。
ゆえに、CCIEを取得したため、年収1,000万円とはなりません。
一方で、CCIEホルダーでも年収が少ない人もいます。
40歳で年収500万という方もおります。
CCIEホルダーになったとしても、高い給与が保障されるという訳ではありません。

年収1,000万円超えのネットワークSEとは

CCIEも年収アップを目指すための一つのステップと考えて良いですが、年収1,000万円を目指すのであれば、ネットワークに関する技術力以外にも、設計やプロジェクトマネジメント力、英語力等、プラスαのスキルを身に付ける事が重要です(特にプロジェクとマネジメント力が重要だと感じます)。
他に資格であれば、CCIE R&S以外にも、CCIE SecurityやService Providerといった市場ニーズが高い資格を取り、ダブル・トリプルホルダーを目指すのも一つの道です。

このようなスキルを積み重ねて、自社からの評価を得て、年収を上げていく事になりますが、基本的には給与が一定高めの会社(例えば外資系企業やコンサルティングファーム)で昇進を行う事が、一番確実なやり方かと思います。
ほとんどの会社は給与テーブルが存在しており、職位やグレードが上がらないと給与は大きく上がりません。
職位やグレードを昇進して上げることが出来ないと、やはり給与の大幅アップは見込みづらいかと思います。
年収1,000万円を目指すのであれば、部課長以上のポジションに就いていないと、難易度は高いでしょう。

30歳で年収1,000万円を目指す事を考えると

一番手軽な他のやり方としては、個人事業主(フリーランス)を行うという手もあります。
個人事業主であれば、CCIEを取得すれば年収1,000万円は狙える可能性は高いと思います。
やはり個人事業主の給与は、正社員と比べてかなり高いです。
ただし<年収1,000万円超えのネットワークSEとは>にも記載しましたが、ネットワークSEで給与を上げるためには、プラスαのスキルを身に付ける事が必要であり、特にプロジェクトマネジメント経験はほぼ必須と思います。
個人事業主でプロジェクトマネジメントの経験を積むことは、正社員と比べて難易度が高いです。

ゆえに、20代でCCIEを取得し、個人事業主となり、仮に30歳で年収1,000万円に到達したとしても、仮に個人事業主を辞めて正社員に戻った場合は、年収が大きく下がる事が予想されますし、個人事業主の経験が長期に渡り過ぎた場合は、転職活動にて意中の企業から内定を取る事には苦労するかも知れません(フリーランスが長すぎると、組織適性が無いように見られる事も少なくは無いですし、年収が高すぎる方に低い給与でオファーを出すより、年収が高くない人に高いオファーを出す事を企業側は基本好みます。これは給与減のなかで転職してもらうよりも、給与増のなかで転職をしてもらった方が、業務などにおけるモチベーションが高い傾向があるためです)。

他のやり方としては、CCIE取得ではなく、インフラ全般からアプリケーションまで対応できるエンジニアになって、IPOを目指すベンチャー企業に役職者待遇で入社し、ストックオプションをもらうというやり方も考えられます。
勿論、ストックオプションがもらえるか?やIPOに辿りつくのか?というリスクはありますが、成功すれば数千万円に化けるかも知れません。
もしくは、ご自身で起業をされるという手もあります。

最後に

30歳で年収1,000万円を本当に目指したいか?を、ご自身で自問自答された方が良いと思います。
30歳で年収800万円であれば一定現実的ではありますが、1,000万円到達は、簡単な道ではありません。
もしかすると、年収800万円を目指すという目標設定でも良いのかも知れません。

就業満足度は年収800万円が境目とも言われます。
800万円の年収は、一家を支えるには十分な金額であり、一定の贅沢も出来る金額です。
一方で800万円を超えると、職責が極めて上がるため、満足度が下がる人も多く出てきます。
勿論、高い職責にチャレンジし続けたい方であれば別です。

年収800万を目指すという考え方も一度検討した中で、目標設定をされてみると良いと思います。

以上、ご質問者様の参考になれば幸いです。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket