インフラエンジニアの中で、今後需要が見込まれる業務や職種を教えて下さい

Pocket

【ご質問内容】

インフラエンジニアも、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアやデータベースエンジニア等ありますが、最も需要が見込まれるポディションはどの職種ですか?教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
結論からお話をしますと、需要が見込まれる職種がどの職種かと断定をすることが難しいというのが回答になります。
サーバーエンジニアでもネットワークエンジニアでも、データベースエンジニアでもそれぞれ今後見込まれる領域が存在をしており、その中で最も需要が見込まれるという観点での比較ができないため、このような回答になっております。

例えば、サーバーエンジニアではオンプレミスからクラウドへの移行プロジェクトや仮想化環境の構築プロジェクトが増えており、クラウド製品の導入経験・仮想化の経験を持っている方は引き続き需要が見込まれるかと思われます。

また、ネットワークエンジニアでは、外部からの不正アクセスを防止するファイアーウォールの導入だけでなく、侵入検知システムの導入など、進化する外部からの脅威に対してセキュアネットワークを作りあげることができる高い知識・経験を持ち合わせている人材は、今後も需要が見込まれるポディションではあります。

データベースエンジニアでは、昨今のビックデータを経営に活かしていく流れの中で、テラバイト・パテバイトクラスの膨大なデータを格納し、その膨大なデータを高速処理できる分散処理技術が求められつつあります。

このように、どの職種が今後もっとも需要が求められるかということを断定をすることは難しく、『IT投資を抑制するためのクラウド技術』『外部からの脅威に対抗するセキュアネットワーク』『膨大なデータを処理する分散処理技術』などはどれも当面企業側から求められるものであることは間違いないのではないかと思います。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
更に詳しく相談したい場合は個別にご相談頂けますと幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket