ネットワーク設計、構築、運用、監視の仕事内容を教えて下さい

Pocket

【ご質問内容】

仕事の具体的なイメージが付かないため、教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
ご質問者様は、エンジニア未経験の方かと思われますので、ネットワークエンジニアの行うネットワーク設計、構築、運用、保守に関して、わかりやすい言葉で説明をいたします。

そもそもネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークのシステムの構築(設計、初期設定、テスト)運用・保守、ネットワークプログラミングなどに従事する情報処理技術者のことを言います。
データ通信を媒介し、様々なサービスを提供するためのプラットフォーム(UNIXやLinux、Windowsなど)や、それらの環境で稼動するサービス(ファイアウォールやDNS、MTA、ルータ、スイッチなど)の特性を理解し、これらの連携を実現するためにネットワークケーブルや商用回線といった物理的な要素や通信プロトコルに幅広く精通する必要がございます。
システムエンジニアの一種であり、主にデータ通信に特化した情報処理技術者になります。

では具体的に、ネットワークの『設計』『構築』『運用』『監視』はそれぞれ何をするのかに関して説明をいたします。

・「設計」:

ネットワークをゼロからつくり上げる工程です。
システム面の知識だけでなく、クライアントの要望に沿った最適なシステムを提案する営業力やコミュニケーション力が求められます。
クライアントの要望をどのように実現をするか、ネットワーク全体の機器構成を決め、設計書に落としこんでいく業務になります。

・「構築」:

要件定義書・設計書に沿ってネットワークを形成する専用機器やソフトウェアの設定(セットアップなど)を行なう工程になります。
構築するネットワークの規模に応じて、他のネットワークエンジニアと協業しながら仕事を進めていくケースが大半を占めます。

・「運用」:

設計時と異なる要件が出てきた場合に、ネットワークの増設やソフトウェアの変更などを行ないます。
保守と同様に、通常の監視業務も担う場合がほとんどです。

・「監視」:

機器に障害が発生した場合などに備えネットワークを監視します。
通信キャリアネットワークや銀行のネットワーク等の絶対にネットワークを切らせてはいけない環境では、24時間365日の対応が求められ、シフトによる勤務が一般的になります。(夜勤も発生をいたします)
障害が発生した場合には、マニュアルに沿って対応をし、その原因に応じて問題の切り分けを行ないます。
監視エンジニアで対応できない技術的な問題が発生をした場合は、上位エンジニアに状況をエスカレーションし、早急に対応を依頼するなど、迅速かつ適切に対応することが求められます。

以上簡単ではございますが、ネットワークエンジニアの業務に関して大枠を回答させて頂きます。
少しでもご質問者様の今後のキャリアの参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket