フリーランスになった場合のメリット、デメリットを教えて下さい

Pocket

【ご質問内容】

同僚のエンジニアがフリーランスになり年収が大幅に上がったそうで、興味を持っています。
ですが、フリーランスは大変なイメージも強く、力がなければ食べていけない印象があります。
フリーランスになった場合のメリットとデメリットを教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

フリーランスでのエンジニアに関して、メリット・デメリットをそれぞれ回答をいたします。
人それぞれ価値観や志向性によって、メリットを感じるかデメリットと感じるかの違いがあるため、明確にこれがメリット・デメリットと答えるのが難しいのですが、多くのフリーランスのエンジニアが語るメリット・デメリットに関して記載をいたします。

フリーランスのメリット

◆自分のスキル・経験に合わせてプロジェクトを選ぶことが出来る:
フリーランスでは、求められるスキル・経験を見ながらプロジェクトを自ら決めることができるため、一般的なシステム会社のように自分のスキルに合っていないプロジェクトに入ることはありません。
特定のスキルを伸ばしたい場合や自分の能力以上の業務をしたくないと考える方にはメリットになるかと思います。

◆人間関係や会社からの評価の悩みが減る:
フリーランスは、基本的にプロジェクト単位での契約になるため、同じ人たちと長期間一緒に過ごすことは少なくなり、人間関係で悩むことは必然的に減ることになります。
また、年収に関してもプロジェクト毎の契約で金額も明確になるため、会社からの評価によって年収の増減はなく、会社の評価に悩まされることはありません。

◆お金を自分で管理することで、収入を増やすことも可能:
フリーランスは個人事業主でもありますので、収入と支出(経費)のコントロールを自分で行います。
正社員でのエンジニアでは、自分自身の労働対価が見えづらいところがありますが、フリーランスではプロジェクト先の契約単価から経費を引いたものが自分自身の収入になりますので、自分がやった分だけ収入を得られることで、労働対効果を高く感じ、充実感を得ることはできるかと思います。

フリーランスのデメリット

◆仕事に関わる全てを自分でしなければならない:
プロジェクトに入るための営業や交渉から、入金までの経理業務に至るまで、自分で行う必要があります。
また、技術を学ぶ研修など今まで会社が用意をしてくれたものも、自らその機会・環境を求めなければならず、自費で勉強をしなければなりません。

◆収入の不安定さ:
メリットで記載をしましたように収入を増やすことは可能でありますが、ご自身が病気や怪我で長期的に働けなくなった場合に、収入が入ってきません。
正社員であれば有給休暇等が認められておりますが、そのような休暇がそもそもないということをしっかりと認識をしなければなりません。

◆責任ある仕事を任されることが少ない:
現在の日本では、まだまだフリーランスという働き方が定着をしていないこともあり、仕事を依頼する企業側も、あくまで一作業員として業務を任せることが多いのが現実でもあります。
もちろん、業界内でも高く評価をされている方であれば、大規模プロジェクトを任せるなどの責任ある仕事に就くことができる可能性はありますが、総じて責任ある業務に就けず、その点が不満で再度正社員への転職を考えている方も多いようです。

◆フリーランスから正社員に戻りづらい:
上記にも書きましたが、まだまだ日本ではフリーランスへの印象が悪く思う方が多く、仮に再度正社員に戻りたいと転職をしても、フリーランスの経験がマイナスになっているケースが多く見られます。
企業は、自社に貢献してくれる・組織に貢献をしてくれる人材を好みますが、フリーランス経験者は、組織貢献よりも自分のことを優先する印象を持たれてしまう傾向があるためです。

目先のことだけではなく、長期的な視点でキャリア形成を考えてみる

私個人としては、フリーランスで勤務をされることは、メリットもデメリットもそれぞれ存在をするため、質問者様の志向性によってフリーランスとして頑張っていくかどうかを判断をされればよろしいかと思います。
ただ、目先の短期的な目線のみで考えてしまうと、後々後悔をされる可能性がありますので、注意が必要です。
今まで私が転職サポートしたフリーランスのエンジニアの多くは、年収の高さに魅力を感じてフリーランスになられたようですが、数年後には再度正社員に戻りたいというお客様が多いのも事実です。
上記デメリットでも挙げておりますが、プロジェクトの契約を結ぶまでの営業や経理業務、事務作業等のエンジニア以外の作業にも時間を割かれることが多く、そういった複数のタスクをこなすことに疲れてしまい、再度転職を求めるケースが多く見られます。

また、それ以外にもIT業界では30代まではプロジェクトに入りやすいのですが、40代になるとプロジェクトにフリーランスの立場で入り続けることは難しくなってきます。
その背景として、年齢が上がれば上がるほどプロジェクト内で求められるものは高くなり、また責任も大きくなっていくため、責任ある業務をフリーランスに任せることができないという背景もあり、契約できるプロジェクトが減っていく傾向にあります。

上記のようにフリーランスは収入が正社員よりも高くなる可能性があるなどメリットもありますが、継続的なキャリアアップをし続けることが難しいことや正社員に戻りづらいなどのデメリットもあるため、目先の収入だけで判断をするのは、将来的にリスクが残ります。

メリット・デメリットを自分なりにしっかりと整理をした上で、人生の大きな決断をされることが大切です。

以上、ご質問者様の参考になれば幸いです。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket