インフラエンジニアにプログラミングスキルは必要?需要や必要性など

転職

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

今までインフラエンジニアにプログラミングスキルが必要とされる事は多くはありませんでしたが、環境の変化とともに需要が上がり、最近はプログラミングを学ぶインフラエンジニアがかなり増えてきています。

今回はインフラエンジニアのプログラミングの需要や必要性などついて、説明します。
この記事を書いた人はこちら

インフラエンジニアにもプログラミングの需要、必要性が年々高くなっている


昔はインフラエンジニアにプログラミングスキルが強く求められる事はあまりありませんでしたが、インフラエンジニアを取り巻く環境が変化する中で、プログラミングの需要が高くなってきています(もちろん、VBAやシェルスクリプトなどは、以前から必要とされてきています)。

SDN、Open Flow、クラウド、自動化、DevOps、SREなどといったワードが流行り、浸透しだしたタイミングくらいから「プログラミングが出来るインフラエンジニア」の需要が急に高まってきており、実際、転職市場において、採用企業がインフラエンジニアを選考する際に、「スキルは少し足りないけど、Pythonを少し書けるので、通過」といった合格理由は、結構増えていると思います。

インフラエンジニアもプログラミングができると、市場価値は高い

「プログラミングが出来ないインフラエンジニアはダメなのか?」と聞かれる事はありますが、私はプログラミングが出来なくてもダメだとは思いません(プログラミングが出来るインフラエンジニアはまだ少数だと思います)。

むしろインフラエンジニアの主戦場であるハードウェアやソフトウェアで提供されているサービスなどを、有効に使える知識や経験の方が重要だと思います

ただし、プログラミングを使用した自動化を中心として、プログラミングスキルは少しずつプラス評価に繋がってきている傾向があり、将来的にはインフラ全般をソフトウェアで管理する傾向が更に強くなると思いますので、エンジニアにもプログラミングが必要とされる傾向は、これから更に高くなると言えるでしょう。

プログラミングを勉強するタイミングは?順番は?

インフラエンジニアがプログラミングを学ぶタイミング(順番)としては、インフラエンジニアとして中級レベル以上のスキルになったタイミングかと思います(構築されたインフラを運用するタイミングであれば、あった方が便利な場面はあるかも知れませんが、プログラミングスキルは必要とされにくいかもしれません)。

また、初心者のタイミングでプログラミングを学んでも、プログラミングスキルを活かせる場所は少ないかも知れません。

ゆえに初心者のタイミングでは、ネットワーク機器やサーバ、ミドルウェアなどの環境構築や設定を勉強し、ITインフラ全般を学ぶことで使用頻度が高いネットワークやサーバのコアスキルを磨いておく方がおすすめと思います(実務で使うウエイトが高いスキルから学ぶ事が重要だと思います)。

インフラエンジニアがプログラミングを学ぶのは、インフラ構築、運用を一通りこなせるようになってからでも遅くはないですし、まずは今の仕事で必要とされやすいスキルを身につける事がよいと思います(敷居が高いプログラミング言語を学ぶより、まずはシェルスクリプトやエクセルマクロ・VBAなど、今の業務環境に応じたスキルを学んだ方が実用的だと思います)。

インフラエンジニアにおすすめのプログラミング言語はPython?


Pythonは、プログラミング初心者でも勉強がしやすく、APIやライブラリが豊富な所が特徴と言われていますが、実際、インフラエンジニアの転職市場で一番求められるプログラミング言語としての人気No.1はPythonでしょう。

もちろんインフラエンジニアに昔から人気であるPerlや、Pythonの次に人気の伸びを感じるRubyも習得候補の一つの言語と言えるかも知れませんが、やはり現状の市場ニーズを考えると、Pythonがおすすめと言えるかと思います。

人が学習できる時間には限りがあるため、様々な言語に手を出す事は難しいかも知れませんが、インフラエンジニアのプログラミングにおいて、どの言語を学ぶか?で悩むようであれば、ファーストチョイスはPythonだと思います。

また、インフラエンジニアはプログラマーではないので、たくさんの言語を勉強する必要や、プログラマーのように一人でソフトウェアを作れるほどのスキルは必要ありませんので、個人的にはPython一つをまず学習し、仕事で活かす努力をする事がよいのではと思います(もちろん、あなたが興味ある言語や、今勤めている会社や、配属先のプロジェクトで求められる言語があれば、その言語を優先するのも一つと言えるでしょう)。

さいごに

個人的な意見としては、まずはインフラエンジニアとして基本となるサーバやネットワークなどのスキルをしっかり地固めする事の方が大事だと思います(基礎スキルがしっかりしていないエンジニアの需要は、あまり高くはないと思います)。

ただし、中級以上のインフラエンジニアの場合は、プログラミングスキルがあると、市場価値に箔を付ける事ができると思いますし、更なるスキルアップが可能なプロジェクトにアサインや、転職活動でも優遇されやすいと言えるでしょう。

プログラミングスキルは、今の仕事では必要はないかも知れませんが、自分自身の将来のためにプログラミング言語を勉強することは、インフラエンジニアとして活躍する手段として考えると、メリット大と言えるでしょう。

■転職相談:ネットワーク・インフラエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

転職エージェントが、質問・相談を斬る!

よくあるキャリア・転職の質問に、転職エージェントの私たちが答えます。

今まで私たちが答えた質問・相談の一部(約200件ほど)を記載していますので、他の人の質問・相談を見たい、質問・相談をされたい方はこちら

キャリアや転職などに関するご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

Pocket