面接時に「前向きに検討します」と言われたのに、不採用となりました

Pocket

【ご質問内容】

面接時に面接官より「前向きに検討します」と言われていましたが、結果不採用の連絡があり、落胆しています。
「前向きに検討する」と言われて不採用になる事は多いのでしょうか?
何が引っかかったのかも分かりません。教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

こちらの質問に回答をいたします。
結論からお伝えをしますと、「前向きに検討をします」と言われて、結果として不採用になるケースは少ないながらもあり得ることかと思います。
今回、ご質問者様がどの企業を受けて、そのような話になったのかがわかりませんので、あくまで私の想像で回答をしておりますが、一般的に面接官から「前向きに検討します」と言われて不採用になった場合に考えられる理由としては下記3点のどれかではないかと思われます。

①採用方針の見直しにより、採用が難しくなった
②ご質問者様以外に、よりマッチした該当者がおり、比較検討でお見送りになった
③面接官がその場の雰囲気を悪くしたくないため、そのような発言をした

上記3点のどれかに当てはまる可能性が高いと思われます。

まず①のケースですが、経営状況によって急遽採用方針を変更し、中途採用を全面ストップすることや採用枠を減らすなどのことが起こることはございます。
その場合、面接官が採用をしたいと社内で声を上げても、経営陣が承認しなければ採用ができませんので、そのような不測の事態が企業側で起こってしまったことが理由としては考えられます。

また、②に関してですが社内SEのように採用枠が1名~2名と少ないポディションだった場合は、複数名の方が選考に進んでいる可能性が高く、その場合、ご質問者様の評価が高くても、比較検討によりお見送りになる可能性は十分に考えられます。
今回のケースでは、ご質問者様の面接後に、他の方の面接が実施され、そちらの方がより評価をされた可能性は否定できません。

最後に③のケースですが、可能性としては低いのですが、性格の優しい面接官ですと、面接の雰囲気を悪くしたくないため、面接者全員に「前向きに検討をします」と言ってしまう方がいらっしゃるのも事実ではございます。
その場合は、ある意味口癖のようなものですので、面接官の本心を表した言葉ではなかった可能性もございます。

実際にどの企業だったのか?どのような面接だったのか?がわかりませんので、正確なことは言えないのですが、今までの経験から言いますと可能性としては、『他の応募者との比較検討によってお見送りになってしまった』か『企業側にて採用方針が見直された』ことによるお見送りが理由としては可能性が高いかと思います。

ただ、あくまで私の個人的な想像と過去の経験値からの話になりますので、ご自身で納得ができないということでしたら企業側にお見送り理由も含めて詳細な理由を確認してみることが大切かと思います。
納得できない状況のままですと、気持ちを切り替えて次に進むことも難しいと思いますので、まずは企業側に確認をする行動をしてみることをお勧めいたします。

※転職エージェントを使われている場合は、担当者に確認をしましょう。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の転職活動の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket