プライベートでの取り組みは、面接時にどの程度アピールになりますか?

Pocket

【ご質問内容】

インフラエンジニアとして実務経験はありませんが、
趣味の一つとして自宅でサーバを立てたり、ネットワークを構築したりしています。
このようなプライベートでの取り組みは、どの程度のアピールになりますか、教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sonoyama-109x150

キャリアアドバイザー 園山 雅之

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、旅行代理店JTBにて法人企画営業を担当。
その後、人材サービス会社のインテリジェンスにてキャリアコンサルティング事業部のITエンジニア、セールスグループチームリーダーとして従事し、アプリ・インフラエンジニア・セールス職を中心にキャリアカウンセリングを実施。

【転職エージェントの答え】

ご質問者様の今回の質問は、未経験でインフラエンジニアを目指す転職活動において、アピールになるものかどうかを確認しているものと認識した中で、回答をいたします。
『未経験インフラエンジニア求人に応募をされる場合、一番重要なのはインフラエンジニアへの志望理由や本気でインフラエンジニアとして成長したいという気持ちを企業側に伝えることができるかという点になります。
その観点では、ご質問者様はすでにプライベートでの技術習得に取り組んでおり、自発的な行動力やエンジニアとしての志の高さは評価をされます。
ぜひ、職務経歴書や面接でこの内容をアピールしてみてください』というのが私からの回答になります。

未経験のインフラエンジニアポディションは、面接時に、「なぜネットワークエンジニアという職種に興味を持ったのか?」「ネットワークエンジニアを志望するのか?」という質問を、ほぼ間違いなく面接官から頂きます。
この質問に対して面接側の納得感が得られない場合には、採用され難いのは事実です
。つまり、ネットワークエンジニアとして生涯生きていく覚悟が見えない人は、「採用しても成長が遅いのでは?退職してしまうのでは?」と企業側は考えてしまい、成長が遅いと感じる人を基本的に採用することはありません。

そのような中で、ご質問者様は、自発的にご自宅でサーバ構築やネットワーク構築されており、インフラエンジニアを目指したいお気持ちを客観的に証明する行動をされており、エンジニアへの志望度の高さもその行動から垣間見えますので、しっかりとアピールをされれば、企業側からも高い評価を頂くことが出来ると思いますので、ぜひ積極的にこの内容をお伝えしていくことが大切です。

また、時間や金銭的な余裕があるのであれば、CCNAやLPIC等の資格を取得してみるのもよろしいかと思います。
すでにご自宅で機器に触れているということであれば、このような資格も容易に取得できる可能性が高く、CCNAやLPIC等のベンダー資格は第3者がその知識を評価するものでもありますので、取得をされていると、転職活動では有利になりますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

以上簡単ではございますが、回答をさせて頂きます。
ご質問者様の転職活動の参考になれば幸いでございます。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket