【断言します】CCNAは転職・就職で非常に有利になる資格です

転職

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

CCNAは転職に有利という声もあれば、エンジニアに資格は要らないという声もありますが、結論「CCNAはキャリアアップや転職・就職で、非常に有利になる資格」です。

勿論、中級以上のネットワークエンジニアなどといった一部の人には有利にならない場合はありますが、今回はCCNAがキャリアアップや転職時に有利になるタイプの人や場合を説明します。

この記事を書いた人はこちら

CCNAは、未経験者の転職・就職で非常に有利

N811_notepcwosawarubiz_TP_V

CCNAは「未経験でネットワークエンジニアに転職・就職をしたい」場合、非常に有利な資格です。

ネットワークエンジニアとして実務未経験であっても、CCNAを取得していれば、ネットワークの基本的な知識を持っているという評価になり、書類選考時や面接選考時に評価をもらいやすくなるでしょうし、ネットワークエンジニアになるための勉強を行っていて、資格取得まで成果を残しているため、「ネットワークエンジニアなりたい理由」に説得力を持たせることも出来るでしょう。

あわせて、未経験者でも、CCNAを取得することで評価が上がる理由として、「ネットワーク知識を持っている」ことや「事前に勉強をしていることでやる気が伝わる」ということもありますが、それ以外にも「CCNAを持っていると、配属出来るプロジェクトが増える」ということも理由として挙げられます。

企業が未経験者を採用する時の視点として、「この人はプロジェクトに配属が出来るか?」という見方でも見ています。

応募者のネットワーク知識、コミュニケーション力などを総合的に評価し、「プロジェクトに配属が出来る(プロジェクト面談で落ちない)」と考えた人を採用するというやり方が多いため、CCNAを取得しているだけで配属出来るプロジェクトが非常に増えますので、未経験でもネットワークエンジニアになれる確率が格段に上がります。

また、CCNAを取得すればネットワークエンジニアになりやすいのであれば、「CCNAの上位資格のCCNPまで取得すれば、更にネットワークエンジニアになりやすいのでは?」と考える方もいらっしゃいますが、未経験で転職を考える場合は、CCNAで十分であり、上位資格のCCNPまでは必要ありません。

稀に未経験でCCNPまで取得される方はおりますが、未経験でCCNPを取っても、未経験CCNAと評価は大きく変わるわけではありません。

CCNAを取ったら実務経験を積むべきですので、未経験者はCCNAで十分です。

また別記事ですが、ネットワークエンジニア未経験者からよく頂く質問を解説した「未経験からネットワークエンジニアになるには?求人の実状や年収、転職のやり方などを解説」がありますので、詳しく理解したい方はあわせてお読みください。

特に30代エンジニア未経験者等には、必須に近い位置づけの資格

未経験転職で求人が限られやすい30代未経験者の方、また現在ニートなどの就業経験が無い方には、CCNAは特に取得をおすすめしたい資格です。

未経験転職は、年齢と今までの経歴・スキルのバランスで合否が決まる傾向が強く、年齢や経歴のバランスに自信が無い方は、「独学で勉強をしていて、早い段階で戦力になる努力をしている事」や、「エンジニアを目指す覚悟感」を伝える事が内定をもらうためには重要であり、CCNAレベルの資格はほぼ必須に近い位置づけと言えるでしょう。

CCNAは、運用監視から構築にキャリアアップしたい場合に有利

harinezumiIMGL8714_TP_V

CCNAは「ネットワーク運用監視から、ネットワーク構築」にキャリアアップしたい場合に有利な資格です。

ネットワークエンジニアは実務経験が一番重要ではありますが、ネットワーク構築経験が積めない場合に「CCNA」はキャリアアップの機会を作ってくれるでしょう。

CCNAを持っていれば、構築未経験者でも配属可能なネットワーク構築のプロジェクトは世の中に多数ありますし、CCNPを取得していれば、ほぼ間違いなく構築系のプロジェクトには入れるでしょう(構築業務は、資格を持っていれば、入社する企業選びを間違わない限り、比較的スムーズに携われるでしょう)。

もちろん、CCNAを持っていなくても、自分で中古のルータやスイッチを買って、自宅で手を動かして勉強をしている人は、実務に近しい経験を自宅で積んでいますので、CCNAを持っている人よりも更にスムーズに構築業務にステップアップ出来ますが、自宅でルータやスイッチを触り続けることは、CCNA取得よりも難易度が高いかも知れません。

CCNAは手軽に構築業務にステップアップ出来る手段として、非常に有効でしょう。

CCNAを取れば、CCNA必須求人の選考も受ける事が出来る

世の中には「未経験歓迎」というネットワークエンジニア求人は多数ありますが、「未経験歓迎」と記載があると、ブラックな印象を感じてしまう事もあるでしょう。

ですが、CCNAを取得していれば「未経験歓迎」と記載されていない求人で「CCNA必須」と記載されている求人を受ける事が出来ます。

CCNA必須求人は求人サイトにはそれ程多く掲載されていないため、「CCNA必須求人はそれ程多くないのでは?」と考えてしまうかも知れませんが、CCNA必須求人は求人サイトにそれ程掲載されないだけで、世の中には数多くあります(CCNA必須求人は求人サイトに掲載されると、資格無の方が多く応募され、採用工数が掛かるわりに採用が出来ないため、あまり求人サイトには掲載されません)。

また、CCNA必須求人は「未経験の中でも優秀層の人」しか採用をしない企業であるため、年収も高く、最初から構築業務に携われる求人など、メリットが多数ある求人です。

完全未経験者を採用する求人よりも、初年度の年収が40-50万円程高くなる傾向があり、本気でネットワークエンジニアを目指すのであれば、CCNAを取得して、CCNA必須求人を優先して応募される方が良いでしょう。

さいごに

CCNAは、未経験からネットワークエンジニアになる場合や、ネットワーク運用監視から構築へステップアップをするために、非常に有効な資格です。

もちろん、資格を持っていると即戦力のスキルが身についているという訳ではありませんし、即戦力の実務経験があることが一番有利ではあります。

しかし、ネットワーク業界では、即戦力のエンジニアが少ないため、即戦力のエンジニアの代わりに資格保有者を配属する傾向が非常に強いです。

ゆえに、CCNAを持っているだけで、上流工程のプロジェクトに配属出来ることが多く、未経験での転職時や、キャリアアップを希望する際に、あなたの大きな力となってくれるでしょう。

CCNAの勉強は大変ではありますが、しっかり勉強をすれば、未経験独学でも間違いなく取れる資格です。

私どもは転職エージェントをしていますが、当社を利用して未経験からネットワークエンジニアを目指される方は、8割くらいの方が知識ゼロからCCNAを取得して転職活動をされています。

逆を言うと、2割くらいの方は資格取得を断念していますが、8割方は資格取得して転職活動をしている事実があり、CCNA取得は勉強時間以上のメリットを受ける事が出来ると言えます。

■関連記事:未経験からネットワークエンジニアになるには?求人の実状や年収、転職のやり方などを解説
■関連記事:【解説】ネットワークエンジニアの年収はどのくらい?年収の上げ方は?
■関連記事:ネットワークエンジニア企業の平均年収ランキング【まとめ】
■関連記事:ネットワークエンジニアのキャリアアップ、主要キャリアパスとは
■関連記事:ネットワークエンジニアの自己PRの作り方【アレンジ可能な例文付】
■関連記事:【7つの例文・解説付】ネットワークエンジニアの志望動機の作り方
■関連記事:CCNAとLPICは、どっちを取るべき?需要や難易度等を説明します
■関連記事:【解説】ネットワークエンジニアの仕事内容とは?年収・スキルなども説明
■関連記事:【説明】インフラエンジニアになるための勉強方法、勉強順番

■転職相談 ネットワーク・インフラエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

転職エージェントが、質問・相談を斬る!

よくあるキャリア・転職の質問に、転職エージェントの私たちが答えます。

今まで私たちが答えた質問・相談の一部(約200件ほど)を記載していますので、他の人の質問・相談を見たい、質問・相談をされたい方はこちら

キャリアや転職などに関するご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

Pocket