gori9V9A8414_TP_V

監視オペレータは、早く辞めて転職すべきなのか?将来はあるのか?

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

今回は、監視オペレータについてお話をしていきます。

ネットワークエンジニアやインフラエンジニアを目指して転職したものの、最初の仕事が「監視オペレータ」というのは、非常に多いです。

実際に、転職面接で、面接官から「運用監視からやってもらいます」や、「運用保守からスタートを予定しています」と言われたら、8~9割は「監視オペレータ」からのスタートでしょう。

最初は監視オペレータからスタートでも、いずれは運用!その後は構築業務に!と考えている方は多いですが、
とても悲しいことに、監視オペレータから抜け出せずに、何年も監視オペレータを続けている方は非常に多いです。

実際、私が今までお会いした、「転職を考える監視オペレータ」の方は、こんなことを考えている方が多いです。

  • とにかく仕事が面白くない
  • 年収も上がらない
  • 監視オペレータの仕事に将来性を感じない
  • エンジニアになったつもりだったが、スキルが全く身に付かない
  • 夜勤で体調が悪くなってきた
  • いずれは構築運用をさせてもらえると聞いていたのに、監視から抜け出せずに数年経っている
  • といったように、
    とにかく、「監視オペレータから脱却したい」、と考える方が多いです。
    そのなかの一部は、「もうIT業界自体が、嫌で、嫌でしかたない・・・」と考える方もいます。

    でも、監視オペレータを卒業したら、イキイキと働く人も多いです。
    前向きにスキルアップやキャリアアップに取り組んでいく人も多いです。

    今監視オペレータで悩んでいる方がいたら、この記事を一度読んでみてください。
    監視オペレータを続けるべきか、辞めるべきかの判断が出来ると思います。

     

     

    監視オペレータってどうなの?辞めた方がいいの?

    harinezumiIMGL8714_TP_V

    監視オペレータは、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアになるための最初のステップとはよく言いますが、
    私は、監視オペレータはエンジニアではないと考えています。
    監視オペレータは非技術職でしょう。

    また、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアを採用している企業も「監視オペレータはエンジニアではない」、「オペレータは採用出来ない」と言う会社は多いです。

    エンジニアを中途採用する企業であれば、実機は触っていないとダメであったり、Tera Termを立ち上げてConfig投入くらいはやっていて欲しいという考えがやはりあります。

    でも、世間一般の求人票で、未経験歓迎と書いてあったり、仕事内容は運用保守、監視と書いてあると、だいたい監視オペレータからスタートとなる可能性が高いでしょう。

    また、ネットワークやサーバの知識がほぼ無い状態で、未経験歓迎の求人に応募・入社すると、監視オペレータのポジションでの配属がさらに高くなるでしょう。

    監視オペレータを経験せずに、ネットワークやサーバの運用・構築業務に最初から配属になれば、なんら問題はないと思います。

    ですが、最初に監視オペレータ業務を経験する事になってしまった方は、どこかのタイミングで監視オペレータから脱却を図る必要があるでしょう。

    もちろん、監視オペレータがいるおかげで、快適にITサービスが使えているのも事実ですので、監視オペレータの存在は大事だと思います。

    しかし、転職エージェントの意見として言うと、

  • 年齢が26歳以下の場合:監視オペレータの仕事が好きなら、26歳くらいまでなら続けていいと思いますが、今転職すれば、大きくキャリアアップが望めます。
  • 年齢が27~30歳の場合:監視オペレータを続ける事はおすすめしません、そろそろ転職を考える時期でしょう。
  • 年齢が31~35歳の場合:すぐに転職を考えないと、今後が危ないでしょう。
  • と考えます。
    ここでは「年齢」にふれていますが、詳細は「監視オペレータの転職先ってどうなの」の章でお話します。

    監視オペレータの将来ってどうなの?

    beatsPAKU2891_TP_V
    私は、監視オペレータに将来性はほとんどない、と思っています。

    なぜ監視オペレータに将来性がほとんどないと思っているか?というと、大きな理由は3つです。

    ・キャリアにならない
    普通は数年仕事で経験を積むと、キャリアとみなされます。
    しかし監視オペレータは「あくまでオペレータ」とみなされ、エンジニアとして経験を積んできたとはみなされません。
    ネットワーク運用、サーバ運用の経験者とは異なる扱いになります。

    ・年収も安く、なかなか上がりません
    そもそも監視業務は単価が安いので、長く監視を経験したからと言っても、年収もなかなか上がりません。
    監視オペレータの方の年収は300万円以下も多く、30代、40代になっても年収が400万円に届かない人は結構います。

    ※ごく一部、年収が高い監視オペレータポジションもありますが、それ以降の年収があがりません。

    ・体調を壊すなどで離脱する人も多い
    監視オペレータの業務を続けると、つぶれる人も多いです。
    夜勤で体調を悪くする、仕事が単調過ぎてモチベーションがなくなる、無気力になる人も多いです。

    この、「キャリアにならない」、「年収が安い」、「離脱する人が多い」という3点が、監視オペレータに将来性を感じない理由です。

    また補足ですが、私の感覚値では、「IT業界が嫌だ」と思って、IT以外の業界に転職を希望する人が一番多いIT業界の職種は「監視オペレータ」でしょう。

    それくらい、監視オペレータはIT業界の中で、将来性が見えない(将来に繋がらない)職種だと思っています。

    ただ、慣れてしまうと監視オペレータはラクです。
    ラクなあまりに、一度監視オペレータになると、監視オペレータを長く続けてしまう人もいます。

    長く勤め続けるとスキルが身に付かず、年だけとってしまうというリスクもあります。
    年齢が高くなると、ジワジワ自分の首を絞めていくところがあります。

    もちろん、入社した会社によって、選考や研修等の評価によって、監視オペレータからの配属になってしまうのは仕方ない事です。

    監視オペレータになっても、ジョブローテーションで、運用業務、構築業務、設計業務と上流工程に進める会社もあります。

    ただし、監視から抜け出せない会社も多く存在しますので、見極めが必要です。

    監視オペレータの転職先ってどうなの?

    UNI18107DSC00121_TP_V
    転職は勿論出来ますし、転職先のおすすめは、IT業界の中で考えるのであれば「ネットワークエンジニア」や「インフラエンジニア」でしょう。

    ネットワークエンジニアやインフラエンジニアに転職すれば、年収も上がるでしょうし、スキルも上がるため、将来の選択肢は大きく増えます。

    ただし、注意点が2つあります。

    ・注意点①:年齢
    監視オペレータの経験だけだと、年齢が上がるにつれて転職が難しくなっていくので、可能な限り20代で転職をした方がいいでしょう。
    監視オペレータで35歳を超えると、かなり危ないです。
    35歳を超えると、再度監視オペレータの仕事しか見つからない、、ということはよくあります。

    ・注意点②:再度監視オペレータの仕事に気を付ける
    監視オペレータから脱却したいと考え、あせって転職活動を決めるあまりに、「転職先でも、再度監視オペレータの仕事」になる人は、意外なほど多いです。

    監視を抜け出すための勉強や、応募企業をしっかり選んでいたら、再度監視オペレータにはならないのですが、再度監視オペレータになってしまうのは、よくある話です。

    私の意見としては、監視オペレータは1年以上やる仕事ではありません。

    でも、一回監視オペレータとして配属になったら、3年程度は監視オペレータが続く可能性が高いでしょう。

    でも、いざ転職!と考えた時に、監視オペレータ経験は、転職時の評価にはあまり繋がりません。

    監視オペレータ経験を活かして、再度同じ職種の監視オペレータに転職というのであれば、どこでも転職先はありますが、転職して再度監視オペレータで就業というのは避けた方が良いでしょう。

    それであれば、「監視オペレータ」の経験を活かし、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアを目指すというのは、一つの選択でしょう。

    仕事内容は「ネットワークやサーバの運用業務」を目指すというのであれば、「監視オペレータ」の経験も、大きな評価にはなりませんが、多少評価がもらえます。

    また、運用業務であれば、監視業務のようにオペレーションを含む業務はありますが、いわゆる技術的業務もあります。

    たとえば、設定変更対応、バージョンアップ対応、オペレーションではない障害対応等は、その後の構築業務に繋がる経験・スキルとしてみなされます。
    運用業務で経験を積めば、構築業務にステップアップ出来るでしょう。

    そのためには、「監視オペレータを脱却するために、どんな努力・勉強をしてきたのか?」が非常に大事です。

    人にもよりますが、監視オペレータ経験が長い方は、他のエンジニアと比べて、勉強をしていない、勉強の習慣がない人が多い傾向があります。

    監視オペレータは仕事で、知識習得を求められないので仕方がない所ではありますが、エンジニアとして生きていくには、かなりツライところです。

    ただ、監視オペレータを脱却するために、しっかり勉強をして、CCNAもしくはLPIC(LinuC)level 1を取得すれば、ネットワークやサーバの運用業務には携われるでしょう。

    また、20代であれば、最初から構築補佐のような構築業務に携われる可能性もあります。

    監視オペレータから、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアにキャリアチェンジをしたい方は、CCNAやLPIC(LinuC)level 1の取得を視野に入れると、非常にスムーズでしょう。

    また、CCNAやLPIC(LinuC)level 1を取得して、転職したいとお考えの方は、私どもも無料で資格が取れる資格取得支援サービスを提供していますので、
    ご興味があればご利用ください。

    資格取得のためのE-ラーニングを無料提供しており、また当社の転職支援サービスを経由して転職先が決まった方には、「就業応援費」として、資格の受験費用をキャッシュバックしています。

    ■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
    CCNA、LPICの無料資格取得支援

    関連記事:【まとめ】ネットワークエンジニアに未経験で転職する前に知るべき事

    ■転職相談・未経験ネットワークエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
    sp_b1
    ■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
    CCNA、LPICの無料資格取得支援

    この記事を書いた人

    consultant_sumida-109x150

    キャリアアドバイザー 角田 壮史

    大卒後にファイザーに入社し1年半で退職。第二新卒で転職のDODA(現パーソルキャリア)に転職し、24歳からIT業界の転職エージェントです。DODAではMVP、VPを取り、現在インフラ・ネットワークエンジニアの転職に特化した株式会社ソリューションパートナーでキャリアアドバイザーをしています。転職エージェント歴は14年で、700社くらいのIT企業の経営層、人事、現場責任者クラスとお会いし、3000名を超えるITエンジニアの方とお会いしてきました。たくさんの転職を考える人と、採用を考える企業と会ってきたからこそ、伝えられることがあると考えています。
    株式会社ソリューションパートナー 代表取締役
    転職エージェントランキングで表彰いただきました

    ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

    LINEで相談 >> LINEで送る
    メールで相談 >> メールからのご相談

    ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
    ※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
    ※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

    よくあるご質問一覧

    Pocket