CSSS85_MBAwonozokujyosei20131019_TP_V

ネットワークエンジニアの将来性ってどうなの?

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

今回はネットワークエンジニアの将来性について、ご説明します。

未経験でネットワークエンジニアを目指す人から、現役のネットワークエンジニアまで、「ネットワークエンジニアの将来性について、どう思うのか?」と聞かれます。

また、クラウドが出てきて、AIなどで自動化が進み、「ネットワークエンジニアの仕事はなくなるのでは?」や、「IT業界の技術も寿命が短くて、安定しないのでは?」とお悩みの方もいらっしゃいます。

現在のネットワークエンジニアの需要は底堅いですが、「将来はどうなるのか?」、「本当にネットワークエンジニアで将来も食べていけるのか?」というところで不安に感じる方もおり、

そのようにネットワークエンジニアの将来性をもう少し知りたいと考える方に、ネットワークエンジニアの将来性や、今後も生き残るネットワークエンジニアについて、私の考えを説明します。

 

 

ネットワークエンジニアの需要はどうなの?

harinezumiIMGL8714_TP_V

みなさんもご認識の通り、現在のネットワークエンジニアの需要は非常に高いです。

しかし、優秀なネットワークエンジニアは、どの企業も不足している状況で、ネットワークエンジニアの需要に、供給が追い付いていない状況があります。

ゆえに、ネットワークエンジニアとしての経験が少なくても、学ぶ姿勢があれば、スキルアップやステップアップのチャンスは非常に多い状態でしょう。

実際、経済産業省も、(引用が不可のため画像貼付や詳しい記載が出来ませんが)、2030年に日本のIT人材は大きく不足する見込みという調査結果を出しています。

IT人材の根幹を果たすネットワークエンジニアも同様に大きく不足する状況でしょう。

ネットワークエンジニアの将来性はどうなの?

YOSX9709_TP_V

まずネットワークエンジニアの将来性についてお話をする前に、私が考える将来性がある仕事について、説明します。

そもそも将来性がある仕事とは?

下記の3つが満たされていると、将来性はかなり高いと思います。

■将来性がある仕事とは:

① 市場(業界)が伸びている、今後も伸びている業界:

市場(業界)時代が伸びているという事は、需要があるということです。

需要が減ると、社外では過剰な安売りの始まりやお客さまの過剰な奪い合いが起こり、社内では経験を身につけるためのチャンスや、昇給昇格のイスが奪い合いになる、といった消耗戦が、やはり発生しがちです。
まさに「レッドオーシャン」と呼ばれる状況でしょう。

一方で、市場が伸びていると、ステップアップのチャンスが多く、お客さまの奪い合いも少なく、力をつければ飛躍できる機会は多いと言えます。

ゆえに、市場(業界)が伸びていて、今後も伸びる可能性が高い業界は、将来性がある仕事(業界)とも言えるでしょう。

② スキルが身につく仕事(手に職が付く仕事):
将来性を考えるうえで、切りはなすことができない問題として「安定性」があります。

安定性も「会社の安定性(会社がつぶれないか否か)」と「個人の安定性(もし会社がなくなったとしても、生きていけるのか)」の2パターンがあります。

「会社の安定性」は会社によって違うので、簡単に切り分けはできませんが、
「個人の安定性」は、「自分自身に手に職(スキル)」が身についていれば、職を失い、職が見つからないという可能性は低くなるでしょう。

会社の安定性に頼りすぎず、スキルを身に着けることで「個人の安定性」を高める仕事も、将来性があると言えるでしょう。

③ 景気の影響をうけにくい仕事:
あたりまえですが、人の生活に密着している仕事も、将来性が高いでしょう。
人の生活に密着している仕事は、人の生活から切り離せない仕事です。

なぜかというと、人の生活から切り離せないような仕事は「景気の影響を受けにくい」ので、好景気・不景気問わずで「浮き沈み」が少ないです。

例えば、景気が悪くなると、「株を買うなどの投資」を行うことや、「高い腕時計や車など」を買い替える必要がないのに買い替えるといったような、今買う必要がないものに対して、積極的にお金を支払う人は少なくなるでしょう。

しかし景気が悪くなっても、「電気」、「ガス」、「水道」や「通信」といった社会インフラにお金を支払う人が大きく減るとは言いにくいです。
病気になった時の「医療・薬」や、日常生活で欠かせない「食」に関するお金も、多少の買い控えはあるかもしれませんが、大きく減らしにくいかも知れません。

これは、人の生活に密着しているものには「お金をなかなか削りにくい」という性質があるためです。

これは、2000年頃の就職氷河期や、2008年頃のリーマンショック時に就職活動を行ったことがある人には、顕著に感じることかと思われます。

ネットワークエンジニアの将来性について

先程「そもそも将来性がある仕事とは」でお話をした3点に対して、ネットワークエンジニアの仕事はどうなのか?で説明します。

① 市場(業界)が伸びている、今後も伸びている業界
⇒ネットワークエンジニアが働くIT業界は、当然ながら、市場(業界)が急成長しています。

例えば、世界の企業時価総額ランキングを調べると、マイクロソフトやアマゾン、Googleなど、ほとんどがIT企業です。

あたりまえですが、IT業界は世界で非常に伸びているといえるでしょう。

また、これは世界の指標ではありますが、日本もITの伸びは大きく、IT業界は今後も伸びる可能性を大きく秘めていると思います。
 
② 手に職がつく仕事(スキルが身に付く仕事):
⇒ネットワークエンジニアは、手に職がつく仕事(スキルが身に付く仕事)です。

もちろん、ネットワーク監視や、運用オペレータの仕事ではスキルが身に付くとは言えませんが、ネットワークの上流工程(要件定義や基本設計)の仕事などは、まだまだ圧倒的に出来る人が不足している状況であり、経験を積むことで「手に職がつく(スキルが身に付く)」仕事と言えるでしょう。

また、スキルが身に付く仕事かつ、①の「伸びている業界」で働く場合、スキルアップの転職もやりやすいので、将来性は見込みやすいと言えます。

③ 景気の影響をうけにくい仕事:

⇒IT業界もあたりまえですが、景気の影響を受けます。

景気が悪くなると、IT業界では、まず企業のIT投資のお金が減ります。

IT投資のお金が減ると、新しくシステムを導入や開発をすることが減るので、まずは開発の仕事が減ります。

例えば、2008年のリーマンショック時には、IT業界もあおりを受け、開発エンジニアの仕事が激減し、仕事が無い開発エンジニアがたくさん転職市場に出てきました。

リーマンショック時には、「仕事が無いから転職したい」と言っても、他の会社も仕事がないので、求人がそもそも大きく減るので、あまりありません。

当時は、2007年ならコンサルティングファームでも書類合格していたスキルを持つエンジニアが、2008年のリーマンショック後には、ソフトハウスでも書類連続落ちという状況を、転職エージェントとしてたくさん見てきました。

ですが、ネットワークエンジニアはインフラ系であり、インフラ系は好景気・不景気でものすごく関係があるわけではないので、不景気でも転職が出来ます。

また、ネットワークといったITインフラ系に強みを持つ企業は、不景気の時にも安定して売上を上げていました。

ITネットワークは電気、ガス、水道と同じように、「インフラ」と呼ばれるだけあり、景気に非常に強い業界といえるでしょう。

(補足)開発系エンジニアとネットワークエンジニアの将来性を比較

開発系エンジニアとネットワークエンジニアの将来性を比較すると、爆発力は開発系エンジニアで、安定感はネットワークエンジニアでしょう。

開発系エンジニアは、景気が良い時は仕事が多すぎる程あり、景気が良い時のキャリアアップは非常にやりやすいと思います。

景気が良い時はネットワークエンジニアのようなインフラ系エンジニアよりも、開発系エンジニアの方が、キャリアアップはやりやすく、ゆえに「開発系エンジニアは爆発力がある」という印象です。

しかし、景気が悪い時は、開発系エンジニアの仕事は相当減ります

一方でネットワークエンジニアは、ITインフラのエンジニアですので、景気が悪くてもネットワークは常時動かし続ける必要があり、ネットワークエンジニアの仕事はあまり減りませんので、「ネットワークエンジニアは安定感」があると言えるでしょう。

ゆえに、好景気に強いのは開発系エンジニアですが、好景気・不景気ともに根強いのはネットワークエンジニアといったITインフラ系のエンジニアでしょう。

ネットワークエンジニアとして活躍しつづけるためのスキルとは

beatsPAKU2891_TP_V

ネットワークエンジニアは、将来性があるポジションと思います。

ただし、将来性があるポジションだからといって、今あるネットワークエンジニアの仕事が、今後機械などに奪われないとは言えません。

やはり、機械に仕事を奪われやすい定型業務といったようなオペレータ業務を早く卒業し、今後も市場から求められるスキルを身につける必要があるでしょう。

比較的簡単なオペレーション業務は、どんどん奪われていくでしょう。

実際、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアの仕事も、クラウドで簡単にインフラ構築も出来ることや、ネットワーク機器の設定や運用を自動化することも進んできていますので、機械に奪われないスキルかつ、市場から求められるスキルを身につけていく必要があります。

では、「ネットワークエンジニアとして活躍し続けることが出来るスキル」という見方で、
今現在や、今後も伸びていくスキルや技術など、考察します。

■ネットワークエンジニアとして活躍し続けるスキルとは:

・ITインフラ全般のスキル:

ネットワークのみでなく、OS、サーバ、セキュリティと、幅広く経験を積んでいくことは、主要なキャリアですが、やはりおすすめです。

ネットワークもニーズとしてありますが、やはりOS、サーバやセキュリティとは、切っては切れない関係ですので、OSを含んだミドルウェアから、サーバ、セキュリティと幅広く経験をしながら、高いレイヤーまで目指し、アプリケーションまで見る事ができ、ライトな言語で構いませんので(Python、Ruby、Perlなど)コーディングも出来ると尚良いでしょう。

また、経験した案件規模が大きいほどスキルアップに直結しますので、携わる案件規模も大きくしていくことがよいでしょう。

特定の技術に特化しすぎず、幅広いスキルを持つことは、つぶしがききやすいスキルセットでしょう。

・市場のニーズが高い技術:

幅広く経験をしたあとに、市場ニーズが高い技術に強みを持つ事も非常に有効です。

ニーズが高い技術に専門性を持てれば、さらに引く手あまたな人材になれるでしょう。

採用企業から話を聞くなかで、特におすすめしたい技術領域としては、「クラウド」、「セキュリティ」の2つが、一番伸びしろが高いと感じています。

その他、DevOpsや自動化、Windows環境(Office365 、Active Directoryなど)なども、ニーズとして高くあるでしょう。

・プロジェクト管理:

プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダなど、年齢に対してのプロジェクト管理経験は積んでおくことをおすすめします。

特に大規模のプロジェクト管理を行っている方は、将来性は高いです。

コスト管理、品質管理、納期管理、リスク管理から、お客さまや協力会社の方との調整、問題・課題を突破した経験は、大きく市場価値を高めるでしょう。

さいごに

ネットワークエンジニアが働くIT業界は、ビッグチャンスが到来中です。

スマートフォンやWebサービスの更なる普及や進化で、データ通信量が増大しています。

また、5GなどによるITインフラの整備、クラウド導入によるIT戦略の再考など、ネットワークエンジニアを取り巻くITインフラ業界は変革期になっています。

IT業界でネットワークエンジニアを目指したい方や、ネットワークエンジニアとして更にステップアップをしたい方は、努力さえすれば、活躍の機会は多いでしょう。

継続して努力をするのもよいでしょうし、後でラクになりたいために今頑張るでもいいと思います。

また、ネットワークエンジニアに将来性を感じ、ネットワークエンジニアに転職を考える方や、ネットワークエンジニアとしてステップアップの転職を考える方は、是非とも私どもにご相談頂けますと幸いです。

関連記事:【まとめ】ネットワークエンジニアに未経験で転職する前に知るべき事

■転職相談・未経験ネットワークエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

この記事を書いた人

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

大卒後にファイザーに入社し1年半で退職。第二新卒で転職のDODA(現パーソルキャリア)に転職し、24歳からIT業界の転職エージェントです。DODAではMVP、VPを取り、現在インフラ・ネットワークエンジニアの転職に特化した株式会社ソリューションパートナーでキャリアアドバイザーをしています。転職エージェント歴は14年で、700社くらいのIT企業の経営層、人事、現場責任者クラスとお会いし、3000名を超えるITエンジニアの方とお会いしてきました。たくさんの転職を考える人と、採用を考える企業と会ってきたからこそ、伝えられることがあると考えています。
株式会社ソリューションパートナー 代表取締役
転職エージェントランキングで表彰いただきました

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket