未経験ですが、ネットワークエンジニアになれますか?

Pocket

【ご質問内容】

26歳男です。エンジニアとしての経験はありませんが、未経験で今からネットワークエンジニアになれるのでしょうか?
仕事内容も具体的に分かっていませんが、手に職をつけたい事と、インターネットが好きですので、エンジニアという仕事に興味があります。
あわせて未経験からネットワークエンジニアに職替えをした時に、年収はどうなるのかも教えて下さい。

質問の回答者

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

キャリアアドバイザー歴13年。大学卒業後、外資系メーカーに入社し、その後人材サービス会社のインテリジェンスにてIT業界の中途採用支援を行う。IT、通信、コンサルティングファーム、インターネット業界を中心とした転職支援を行っており、 得意職種はコンサルタント、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、社内システムエンジニア。

【転職エージェントの答え】

未経験でも26歳であれば、ネットワークエンジニアを目指す事は可能であり、未経験で多数の方がネットワークエンジニアの仕事に転職を行っていますので、大丈夫です。
未経験との事で、平易な言葉で説明します。
エンジニアもJava等の言語をプログラミングするような開発エンジニアのような職種もありますし、通信インフラやインターネット等を支えるネットワークを作り上げるネットワークエンジニア、サーバエンジニア等ありますが、ネットワークやサーバ等のインフラ領域に携わる方を、ここではネットワークエンジニアと呼ばせて頂きます。
その中でも、ネットワークエンジニアは、未経験の方でも門戸を開いていますので、未経験からでも転職が可能な職種です。

ネットワークエンジニアは、未経験職種からの転職でも活躍する人は多い

ネットワークエンジニアという職種は、技術力や専門性が重要ですが、技術力だけでは無く、お客さまやプロジェクトチームの人間とコミュニケーションを取る力も必要です。
たとえ技術力があっても、お客さまたちと良好な関係を築く事が出来なければ、良いネットワークエンジニアとは言えません。
ゆえに、お客さまたちとのコミュニケーションを取る事に適性があり、良好な関係を築く事が出来る方であれば、積極的に未経験でもネットワークエンジニアとして採用を頂ける事もあります。
ゆえに、ネットワークエンジニア未経験者の場合は、文系出身の方も多いですし、バックグラウンドとしてはサービス業や接客業出身の方は多いです。
このように、お客さまとの関係構築や、コミュニケーション力などに長けている人は、未経験でもネットワークエンジニアとして採用頂ける可能性は高いでしょう。

未経験でネットワークエンジニアを目指す場合、注意点もあり

質問者様は26歳ですので、ネットワークエンジニアとして未経験でも十分に転職出来ると思いますが、未経験でネットワークエンジニアを目指すのであれば、幾つか注意点があります。

■注意点

・年齢:

可能な限り28歳までに、遅くとも30歳までにはネットワークエンジニアに転職をしましょう。
ネットワークエンジニアを採用する企業は、未経験者採用の場合、まず応募者の「年齢」を見ます。
ネットワークエンジニアを目指す年齢が高くなれば高くなる程、未経験の場合は不利になっていきます。
ネットワークエンジニア未経験者を採用する場合は、会社が未経験者の育成を行う必要がある事は理解頂けると思いますが、未経験者をネットワークエンジニアとして育成するのであれば、採用企業は応募社の年齢が高い方よりも、若い人の方が良いと考えます。
これは、理由は幾つかありますが、まず一つは、年齢に対しての即戦力性です。
年齢が上がれば上がるほど、会社はネットワークエンジニアとしての即戦力性を期待します。
ネットワークエンジニアとしての即戦力性が無ければ、より若い人を採用し育てた方が育てやすく、また社風にも馴染みやすいためです。

次は、会社に在籍するネットワークエンジニア社員との純粋な比較です。
自社のネットワークエンジニアの社員が26歳で経験4年、リーダー・サブリーダー業務を行っていたとします。
仮にご質問者様が未経験28歳で入社された場合、上司が年下であるチームに配属となる可能性も十分に考えられますし、若い人の方が配属的にも有利です。
他の所ですと、未経験でネットワークエンジニアを目指す場合は、応募者に関して、下記も採用企業側から見られています。

・バックグラウンド:

ネットワークエンジニアは学歴を問わず、基本的には「何が出来るか」「どのような技術を持っているか」で判断となりますが、未経験者の場合は大学卒(文系・理系どちらも可)、短大卒、情報系の専門卒以上である事が好ましいです。
完全に未経験の場合は、採用企業として全ての方を選考すると、大変な労力となってしまうため、ある程度バックグラウンドで足切りをする会社も多いです。
ですが、ご安心下さい。
ネットワークエンジニアの職種は、仕事を始めれば学歴は全く関係ありません。
ゆえに、ネットワークエンジニアは学位がなくとも、十分に安定して活躍し、稼ぐことも出来る仕事です。

・志望動機:

面接時には、「なぜネットワークエンジニアという職種に興味を持ったのか?」「ネットワークエンジニアを志望するのか?」は、ほぼ間違いなく質問頂きます。
この質問に対して採用企業側が聞きたい事は、「ネットワークエンジニアとしてキャリアを再形成するにあたっての覚悟」です。
覚悟感という観点で面接官に納得をさせられない場合は、未経験ネットワークエンジニアとしては採用され難いです。

ネットワークエンジニアとして生涯生きていく覚悟が見えない人は、「採用しても成長が遅いのでは?退職してしまうのでは?」と企業側は考えてしまい、成長が遅いと感じる人を育てる事はしません。
また、企業側としては、どの会社の経営者や人事も「自社の定着率・退職率」に強い関心があります。
経営者や人事は基本的に「良い人を採用する事」が一つの大切な業務であり、採用した人が退職してしまうと、「自社の定着率が下がり、離職率が上がる」というデータが発生する事になります。
離職率が上がると、将来的に良い方の採用が難しくなるという悪循環が発生するためです。
また、未経験者を採用して、早期退職が発生すると、その分の教育や研修に掛かった費用も無駄になります。
ゆえに、未経験でネットワークエンジニアを目指すためには、志望動機(特にネットワークエンジニアとして未経験でチャレンジするにあたっての覚悟)が重視されます。

未経験者がネットワークエンジニアになるための、一番の近道は

未経験でネットワークエンジニアになるためには、実はITの勉強を始める事が一番の近道です。
その中でも一番のお勧めは、ネットワーク系の資格である「CCNA」を取得する事です。
資格が無いとネットワークエンジニアの仕事が出来ない訳ではありませんが、未経験者がネットワークエンジニアの職種を希望する際には、CCNAの資格取得は別格扱いです(逆に言うと、CCNA等の資格を取得されていないと、ネットワークエンジニアになりたい志や、ネットワークエンジニアとして生きていく覚悟を疑われる可能性があります)。
CCNAは未経験者がネットワークエンジニアを目指すための登竜門と考えて良いでしょう。

また、資格の取得に関しては、CCNAが一番良いのですが、CCENTもしくはLpicでも良いです。
この資格のいずれかを取得していれば、未経験者でもネットワークエンジニアへの道が開ける確率が飛躍的に高まります。
理由は下記が挙げられます。

・ネットワークエンジニアは、常に自発的学習が必要であるため

IT業界は新しい技術が常に出てきます。ネットワークに関しても同様であり、常に新しい技術をキャッチアップし続ける必要があります。
そのために会社はネットワークエンジニアに教育のサポートを行いますが、会社からの教育だけでネットワークエンジニアとしてプロフェッショナルになる事は難しいです。
すると、ネットワークエンジニア一人一人が自発的に勉強を行う姿勢が必要となり、未経験者のCCNA等の資格取得は、「自発的にネットワークエンジニアとして勉強を行った」という証となり、プラス評価となります。

・資格取得が、ネットワークエンジニアになりたい理由に説得を持たせるため

ネットワークエンジニアになりたい理由は、人によって様々です。
手に職を付けたい、専門性を付けたい人もおりますし、PCが好きという人もいれば、ITインフラを支える仕事に興味がある人もいます。
また、ネットワークエンジニアは職歴・学歴問わずの実力社会であるため、今までのキャリアをリスタート出来る一つの道でもあります。
しかし、「いざ転職活動!」と踏み込んでも、書類選考や面接選考ではじかれてしまう事も多いです。
一方で、資格取得欄に「CCNA取得」と記載があるだけで、未経験者採用を行っていない会社でも、CCNA取得者は採用を行う事があります。
(逆にCCNAを取得していない未経験者を中途採用する会社は、人を人として扱わない企業も多く、気を付けた方が良いと思っています。)

その他に、エンジニアの基本的資格として、ITパスポートやITIL Foundation等がありますが、未経験でネットワークエンジニアを目指すのであれば、資格取得における効果はあまり期待できません。
やはり未経験でネットワークエンジニアを目指すにあたり、ベストの資格はCCNA。次点でCCENTとLpicです。

未経験者がCCNAを取るために

ネットワークエンジニア未経験の人がCCNAを取得する事を考えると、お勧めのCCNA取得対策としては、徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICND1、ICND2編(黒本)とPing-tです。
他にネットワークエンジニア養成スクールに通うという手もありますが、有料のスクールに通うと、金額が高いですし、スクールに通わなくともCCNAは取得出来ますので、自己学習できる人であれば、CCNA用の本を購入し、勉強する事をお勧めします。
どうしても難しい場合には、ハローワークが主催している職業訓練校でもネットワークやサーバの講習を受講出来るので、ネットワークエンジニアを未経験で希望される場合は、職業訓練校に通うことも、一つの手段です。

それでも、ネットワークエンジニアとして内定に至らない場合は

ご自身の課題として、転職回数が多い(20代で3社以上経験をしている)、年齢が高い(30歳を超えている)、希望年収が高い(未経験で提示出来る年収を超えている)、面接での話し方や話す内容に課題がある(転職理由や自己PRの答え方が磨かれていない)等も考えられますし、そもそも応募企業の選択自体に改善が必要かも知れません。
この場合には、課題に沿って対策を行う事が近道です。転職回数が多い場合は、納得がいく説明や、転職理由に一貫性を持たせるように近づける事も大事ですし、面接で採用担当者により興味を持ってもらうために、面接で話す内容を人に聞いてもらう事や、ビデオに録画して客観的に振り返る事も大事でしょう。
人に聞いてもらう時には、採用に携わった事がある人がベストです(採用経験が無い方は、誤ったアドバイスをする可能性も考えられます)し、また未経験ネットワークエンジニアの転職支援に多数の実績を持つ転職エージェントに相談する事も一つの手段です。

未経験からのネットワークエンジニアの年収

未経験ネットワークエンジニアの年収に関してですが、質問者様はIT業界自体も未経験ですので、最初はほぼ新卒社員同様の扱いとなります。
ゆえに、手当込みで300~350万前後の可能性が高いです。
ただ、ネットワークエンジニアは未経験でも、IT系の経験がある方(開発エンジニアやテクニカルサポート等)は、ネットワークエンジニアの経験が無くとも、一定の親和性がある職種を経験しているという事で、金額は更に上がります。
仮に開発エンジニア出身者であれば、経験にもよりますが、年収500万オーバーからスタートする可能性もあります。

最後に

ネットワークエンジニアは未経験で転職しても、その後の自助努力やキャリア形成の仕方によって、年収も含めて将来が大きく変化します。
人の満足や成功は数値化が難しいですが、30歳で未経験でネットワークエンジニアに転職し、37歳で年収900万を超えた人もいれば、40歳を超えても年収が350万前後の人も多数いらっしゃいます。
年収が全てを図る基準ではありませんが、お客さまにとって、自社にとって、必要なネットワークエンジニアになれるか否か、ネットワークエンジニアとして必要とされる力を身に付けられるか、否かが分かれ目です。

以上、ご質問者様の参考になれば幸いです。
また、私もネットワークエンジニア未経験者の転職支援について多数の実績がありますので、転職のご相談がありましたら、お気軽にご一報を頂けますと幸いです。
ご質問やご相談はメールもしくはLINEで承っておりますので、よろしければご相談下さい。

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket