【必読】未経験でもインフラエンジニアになれますが、転職前に知っておいた方がよいこと

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

ITサービスの進歩により、ITエンジニアに興味を持つ興味を持つ人が増えていますが、ITエンジニアの中でも未経験の門戸が広く、また身近なきっかけからインフラエンジニアに興味を持つ人が増えています。

例えば、「ソーシャルゲームなどのITサービスを利用していて、ネットワーク通信の不具合で嫌な思いをして、通信環境を調べるなかで、通信の重要性や、通信を支える仕事がインフラエンジニアであるということを知り、興味を持った」といったような、インフラエンジニアの志望理由は、最近増えている一例でしょう。

また、「手に職をつけながら、将来性がある仕事、世の中に影響を与える仕事をしたい」という志望理由も、未経験インフラエンジニアを目指すにあたり、一般的な志望動機と言えるでしょう。

たしかにインフラエンジニアは未経験からでも転職がしやすい職種です、しかし、何も知らずにインフラエンジニア転職すると、失敗も多いです(未経験歓迎の求人には落とし穴も多くあります)。

今回はインフラエンジニアに転職をする前に、知っておいた方がよい情報として、仕事内容や年収、キャリアアップの仕方、未経験求人の注意点、未経験から転職するためのおすすめの方法などを説明します。

 

 

未経験の場合、インフラエンジニアの仕事内容は、5つを覚えればOKです

まずはインフラエンジニアの仕事内容を説明します。

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーといったITサービスを動かす土台であるITインフラをつくり、運用する事が仕事です。

細かく言うと、ITインフラは「ネットワーク側」の仕事と、「サーバー側」の仕事で分けられていることも多く、下記呼び方が一番一般的といえるでしょう。

・ネットワーク側を中心として仕事をする人 ⇒ 「ネットワークエンジニア」
・サーバー側を中心として仕事をする人 ⇒ 「インフラエンジニア」もしくは「サーバーエンジニア」
・ネットワークもサーバーも両方携わる人 ⇒ 「インフラエンジニア」

※企業によって呼び方が少し異なりますので、あまり細かくは気にしなくてよいかも知れません。

では、インフラエンジニアの仕事内容で「覚えて欲しい仕事が5つ」ありますので、まず覚えて欲しい仕事である5つを説明します。

インフラエンジニアの仕事は、「①要件定義」⇒「②基本設計」⇒「③詳細設計」⇒「④構築」⇒「⑤運用」という流れで、大きく5つのフェーズに分けられます。

「要件定義」が最上流の仕事であり、「基本設計」、「詳細設計」、「構築」、「運用」という順番で下流工程になっていきます。

この5つの仕事の名前は、最初におぼえて下さい。

この5つの仕事が、インフラエンジニアに転職する前に、「絶対知っておかなければいけないこと」に繋がります。

もし、この5つの仕事内容を詳しく知りたい場合は、「ネットワークエンジニアの仕事内容」という記事で掲載していますので、興味があれば一度読んでみてください。

また、インフラエンジニアの仕事を知る時の「注意点」として、一点注意した方がよい仕事があります。

それは、「インフラ監視オペレーター」や「テクニカルサポート」などといった「インフラオペレーター」の仕事です。

未経験の場合、インフラオペレーター(インフラ監視、テクニカルサポートなど)に気を付けてください

最初に説明しますが、「インフラ監視オペレーター(ネットワーク監視、サーバー監視含む)」や「テクニカルサポート(ヘルプデスクなど)」は、エンジニアではありません。

しかし、世の中の「未経験可」と書いてあるようなインフラエンジニア求人には、「未経験歓迎:インフラエンジニア」という名前で、インフラ監視オペレーターのような仕事が、かなりの確率でまぎれこんでいます(未経験歓迎求人のおおよそ7-8割方は、オペレーターの仕事と思ってもよいかも知れません)。

注意点として、ネットワーク監視やテクニカルサポートといった「オペレーター」は「エンジニアではない」ので、スキルが身につきません。

また、一度「オペレーター」になってしまうと、会社によってはなかなか抜け出せない仕事であり(3年は抜け出せない可能性が高いといえます)、また夜勤シフトも多い仕事です(夜勤で体調を崩す人も多いです)。

このオペレーター業務が「インフラエンジニアはきつい」と言われる理由とも言えるでしょう。

可能な限り「オペレーター」にはならないキャリアパスを選ぶことをおすすめします。

インフラエンジニアのモデル年収とキャリアアップ

インフラエンジニアは、最初に説明した「覚えて欲しい5つの仕事」の「どの部分ができるか?」で、大きく年収が変わります。

専門性が高く、スキルが必要とされる仕事ほど、年収が高くなりますし、一方でスキルが必要とされない仕事ほど年収が低くなります。

では、インフラエンジニアの「要件定義」⇒「基本設計」⇒「詳細設計」⇒「構築」⇒「運用」という5つの仕事と、監視・テクニカルサポートといった「オペレーター」の仕事はどれくらいの年収になるのか?を説明します。

インフラエンジニア、オペレーターの年収は、所属企業や役職、プロジェクトの規模などによっても異なる点はありますが、おおよそ下記といえるでしょう。

上記の「インフラエンジニアの仕事内容別 モデル年収」の図が、おおよその年収概算となりますが、上流工程に携わるほど「キャリアアップ」となり、インフラエンジニアとして年収は上がっていきます。

一方で、上流工程に携われないと、年収がなかなか上がらないという所も事実です。

年収アップを希望する場合は、若いうちにどんどん上流工程に携わっていった方がよいと言えます(上流工程に携わるためには勉強が必要であり、資格を取ると上流工程に携わりやすくなるでしょう)。

未経験インフラエンジニア求人の注意点(おすすめ求人、危ない求人のポイント)

未経験インフラエンジニア求人を選ぶ中で、下記を満たす求人はおすすめです。

■おすすめできる未経験インフラエンジニア求人のポイント:
・おすすめ未経験求人のポイント①:運用業務以上からスタートできること(2年以内に構築業務に携われること)
・おすすめ未経験求人のポイント②:未経験でも年収300万以上であること

上記の2点を、2つとも満たす求人は、未経験からインフラエンジニアをスタートするにあたり、おすすめ出来る求人といえます。

逆に危ない求人のポイントとしては、下記5つが言えるでしょう。

■危ない未経験インフラエンジニア求人の5つのポイント
・危ない未経験求人のポイント①:仕事がオペレーターからスタートとなること
・危ない未経験求人のポイント②:設計・構築案件があまりないこと
・危ない未経験求人のポイント③:年収が300万未満であること
・危ない未経験求人のポイント④:正社員ではなく、契約社員であること
・危ない未経験求人のポイント⑤:一人で客先派遣になる可能性があること

上記の「危ない未経験インフラエンジニア求人の5つのポイント」に、2つあてはまると少し危険、3つ以上あてはまるとかなり危険と言えるでしょう(特に①のオペレーターからのスタート、②の設計・構築案件があまりないこと、④の契約社員は、個人的意見として危険性が高いと思います)。

上記の「危ない未経験インフラエンジニア求人」は、特に「未経験大量募集」をしている企業によく当てはまりますので、お気を付け下さい(大量募集をしている企業は、比較的内定をもらいやすいですが、内定をもらいやすい求人は、内定を簡単に出す理由がある、と考えた方がよいでしょう)。

それでは「おすすめできる未経験インフラエンジニア求人」から内定を勝ち取るためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

一番効果が高いおすすめ方法を説明します。

未経験でインフラエンジニアになるおすすめ方法は、CCNAかLinuC(LPIC)を取ること

未経験でインフラエンジニアになるためのおすすめの方法は、ITインフラの初心者向け資格の代表格である「CCNA」か「LinuC(LPIC)level1」を、転職活動前に取得することです。

特に、ネットワーク系の資格である「CCNA」は、未経験転職で間違いなく有利になる資格です。

CCNAを持っていれば、「知識ゼロの未経験者」ではなく、「基本知識を持っている未経験者」もしくは「微経験者」という扱いとなりますので、採用企業側からの見え方も大きく変わります。

実際、未経験インフラエンジニアでおすすめ出来るような、仕事内容が良く(スキルアップに繋がる仕事)、年収も高い求人は、ほとんどが「CCNA等の資格を持った応募者」を対象としています。

資格を持っていないと、書類選考が通過しない求人、面接でよほどの魅力を感じないとNGにする求人ばかりです。

もちろん、資格がなくても、おすすめ求人から内定をもらえる人もいますが、資格なしでおすすめ求人から内定をもらえる人は、明らかに「ポテンシャルが高い」と判断される場合といえるでしょう(例えば高学歴や前職の実績など、過去の努力や高い実績がわかりやすく見える場合は、ポテンシャルが高いと判断されやすいです)。

※エンジニアになれば、学歴や前職の実績などは関係ありませんが、未経験で応募をする場合は、やはりポテンシャルも大きな選考要素となります。

しかし、インフラエンジニアとして働く人、未経験でインフラエンジニアになる人が、全員が高学歴などといったポテンシャルを証明できるわけではないため、資格を取って「応募企業にポテンシャルを感じさせること」が必要となってくるでしょう。

もちろん資格を取るには、時間やお金がかかるというデメリットもありますが、メリットとしては、未経験でも最初の年収が高く、運用以上の業務からは間違いなく携われるといえるでしょう(CCNAを持っていれば、未経験でも300万円台後半の給与提示があることも多く、構築業務から携わることも多いです)。

下記にCCNA取得のメリット、デメリットをまとめた図がありますので、よろしければ見て下さい。

その他、ITインフラ系資格はいろいろありますが、未経験者が独学で取りやすく、インフラエンジニアとしての転職で有利になる資格は、間違いなく「CCNA」か「LinuC(LPIC)」です。

※未経験からインフラエンジニアになるための資格として、「ITパスポート」や「基本情報技術者試験」、「Oracle Master」は、簡単すぎるもしくは、範囲がズレているので、おすすめできません(CCNPや、ネットワークスペシャリストは勉強範囲としては良いですが、未経験者には難しすぎるのでおすすめできません)。

■関連記事:CCNAとLPICは、どっちを取るべき?需要や難易度等を説明します

さいごに:未経験でインフラエンジニアを目指す人に、転職エージェントとして伝えたいこと

もちろん、資格がなくても応募が出来る、内定をもらえる求人はありますが、インフラエンジニアを本気で目指すのであれば、資格を事前に取って、おすすめ出来る企業求人に転職をした方が、間違いなく良いでしょう。

ですが、あなたが「未経験インフラエンジニア転職は、資格が必要なのか?」ということを疑問に感じて、転職エージェントに相談すると、ほとんどの転職エージェントは「資格は必要ありません」と言い、「資格をすすめずに、今、転職活動を行うことをすすめてくる」と思いますが、転職エージェントの言うことをそのまま信じると、危険と言えるでしょう。

というのも、転職エージェントが一番儲かるやり方は、転職希望者に、「すぐ転職活動をさせる」ことであり、大手中小の転職エージェント問わず、このやり方を使っている転職エージェントは多いでしょう(私の前職の会社も、「すぐ転職活動をさせる」というやり方でした)。

スキルをすでに持っているエンジニア経験者であれば、すぐ転職活動をしても問題ない場合が多いですが、未経験者の場合は、事前準備なしで、すぐに転職活動をすることは「毒」です。

また、資格を取らずに、取りあえず今内定が出る会社に応募をして、危険な会社に転職をし、行き詰った人、後悔した人、体調を崩した人などを、私はたくさん見過ぎてしまったので、私たちは「転職前の資格取得」を強くおすすめしています(エンジニアは実力主義であるため、勉強する人には非常にやりがいがある職種と言えると思いますが、勉強をしない人にとってはきつい、つまらないと思える環境かも知れません)。

もちろん、資格が取得出来ない方もいますので、資格取得がどうしても取れない場合は、資格なしで転職活動をしても良いと思いますが、一回勉強をしておくだけで、何も勉強していない人と比べて転職活動のPRにもなりますし、エンジニアにチャレンジする覚悟が持てるか?が判断出来る材料にもなると思います。

以上、未経験でインフラエンジニアになるまえに知っておいて欲しいことの説明は終わりますが、もし詳しく聞きたい所やご相談を希望されたい所がありましたら、お気軽に下記のLINE@でご相談や、転職相談にお申込みください。

LINEで相談 >> LINEで送る

■転職相談・ITエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

この記事を書いた人

consultant_sumida-109x150

キャリアアドバイザー 角田 壮史

大卒後にファイザーに入社し1年半で退職。第二新卒で転職のDODA(現パーソルキャリア)に転職し、24歳からIT業界の転職エージェントです。DODAではMVP、VPを取り、現在インフラ・ネットワークエンジニアの転職に特化した株式会社ソリューションパートナーでキャリアアドバイザーをしています。転職エージェント歴は14年で、700社くらいのIT企業の経営層、人事、現場責任者クラスとお会いし、3000名を超えるITエンジニアの方とお会いしてきました。たくさんの転職を考える人と、採用を考える企業と会ってきたからこそ、伝えられることがあると考えています。
株式会社ソリューションパートナー 代表取締役
転職エージェントランキングで表彰いただきました

ご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

よくあるご質問一覧

Pocket