ネットワークエンジニアになりたい未経験者向け、おすすめ資格と難易度

転職

Pocket

こんにちは、インフラ系エンジニア専門の転職エージェントの中の人です。

ネットワークエンジニアになりたくて資格取得を考えている方向けに、今回は未経験でも取得しやすく、取得すると評価が高い資格を、難易度や受験料とともに説明します。

資格はたくさんありますが、評価が急上昇する資格もあれば、評価が上がらない資格もありますので、効果がある勉強・資格取得をしたい方は、一度目を通してみてください。
この記事を書いた人はこちら

ネットワークエンジニアになるには資格は必要?メリットは?


結論としては、ネットワークエンジニアになるために、資格が絶対に必要な訳ではありません(資格なしでもネットワークエンジニアとして採用をしている会社はあります)。

ただし、「未経験歓迎」と記載されている求人でも、実際は「資格レベルの知識」を必要とする求人も多いですし、またあなたが、少しでも希望にあう会社を探したい、希望する年収や希望する仕事を実現したいと考えるのであれば、少し努力をして資格取得する事を目指した方がいいでしょう。

エンジニアの中でも、ネットワークエンジニアは特に資格取得が有効な職種であり、更にに未経験者の資格取得は、更に効果が出ます(中級以上のネットワークエンジニアは経験重視ですが、初級から中級の場合は、資格取得などのポテンシャル重視です)。

ゆえに、資格を取得すると、内定する会社が変わってきますので、ネットワークエンジニアになってからの年収や、スキルアップの早さも大きく変わると言えます。

補足ですが、別記事でインフラエンジニア(ネットワークエンジニア含む)の年収を書いた記事がありますので、興味があれば未経験インフラエンジニアの年収はどれくらい?その後の年収相場は?もあわせてお読みください。

未経験・初心者におすすめの資格、難易度

下記からはネットワークエンジニア未経験者や初心者向けとして、おすすめの民間(ベンダー)資格・国家資格と難易度を説明します。

おすすめ資格 1位:シスコ認定技術者 CCNA Routing and Switching

未経験難易度合格率受験料
★★★★☆非公表36,960円

■運営団体:シスコシステムズ
■URL:https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications/associate/ccna-routing-switching.html

おすすめ資格1位は、ネットワークエンジニアであれば誰でも知っているシスコ認定技術者のCCNA(Cisco Certified Network Associate、読み方は、シーシーエヌエー)です。

シスコ認定技術者は、CCENT⇒CCNA⇒CCNP⇒CCIEという順番で難しくなって行きますが、2番目に易しい資格であるCCNAは「未経験者や初心者が一番評価される資格」といって過言ではない資格です。

ネットワークエンジニアを目指すのであれば、CCNA 最初の目標となる資格でしょう。

■関連記事:【断言します】CCNAは転職・就職で非常に有利になる資格です

おすすめ資格 2位:シスコ認定技術者 CCENT

未経験難易度合格率受験料
★★☆☆☆非公表18,480円

■運営団体:シスコシステムズ
■URL:https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications/entry/ccent.html

おすすめ資格の2位は、再度シスコ認定技術者の一番の入門資格であるCCENT(Cisco Certified Entry Networking Technician、読み方はシーセント)です。

シスコ認定技術者の初級は、「ICND1試験」と「ICND2試験」があり、「ICND1試験に合格すると、CCNET合格となります(ICND1とICND2の両方に合格すると、CCNA合格になります)。

20代であればCCENTの試験でも評価対象となるでしょう(ただし30歳前後からはCCENTでは弱いため、CCNAの方がよいと思います)。

おすすめ3位:LPIC(LinuC)level1

未経験難易度合格率受験料
★★★☆☆非公表30,000円

■運営団体:LPI(Linux Professional Institute)
■URL:https://www.lpi.org/ja/our-certifications/lpic-1-overview

LPIC(LinuC)はネットワークではなくサーバー系の資格になりますが、評価としてはCCNAと同等もしくは若干劣るくらいです。

また、LPIC(LinuC)はCCNAよりも若干難易度は易しい傾向があり、サーバー系の知識はネットワークエンジニアも一定必要となるため、CCNAが難しいようであればLPIC(LinuC)を取得すると良いでしょう(LPICは暗記勝負が出来ますので、暗記が得意な人はCCNAよりもLPICの方が取得しやすいでしょう)。

■関連記事:LinuC(LPIC)は転職・就職でどれくらい有利?取るべき人と不要な人とは
■関連記事:CCNAとLPICは、どっちを取るべき?需要や難易度等を説明します

おすすめ4位:ITパスポート(通称iパス)

未経験難易度合格率受験料
★☆☆☆☆約50%5,700円

■認定団体:経済産業省
■URL:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

ITパスポートは、とにかく勉強量と受験費用を最小限に抑えたい人向けの資格です。

ただし、ITパスポートは国家資格ではありますが、簡単かつ、範囲が幅広過ぎて、ネットワークエンジニアの仕事でなかなか活かせず、あまり評価には繋がりません(資格なしよりは、ITパスポート取得の方が有利、と言えるようなイメージです)。

ただし、ITパスポートを取ると、「IT業界に興味がある事」や「ITエンジニアになるための努力をしている事」は企業側に感じてもらえるので、それがメリットといえるでしょう。

今回のおすすめした4資格のうち、民間(ベンダー)資格が3つ、国家資格が1つですが、ネットワークエンジニアの初級資格は、国家資格よりも民間(ベンダー)資格の方が評価され、有効といえます。

理由は、民間(ベンダー)資格は、勉強範囲が仕事の対象範囲にばっちりであり、国家資格は広く浅くの傾向が強いためです(その分、民間資格は、受験金額が若干高いですが)。

未経験ネットワークエンジニアにおすすめの、資格取得の順番


資格取得の順番を気にする方も多いため、未経験ネットワークエンジニアにおすすめの資格取得順番を記載します。

資格取得(勉強)の順番は、ネットワークエンジニアですと、下記3択が基本といえるでしょう。

・資格取得の順番①:ITパスポート ⇒ CCENT ⇒ CCNA ⇒ LPIC
※最初からIT全般を含めて、少しずつ勉強していきたい人、時間がある人向けだと思います。

・資格取得の順番②:CCENT ⇒ CCNA ⇒ LPIC
※一つずつ試験をクリアして行きたい方向けであり、未経験者には一番無難な進め方だと思います。

・資格取得の順番③:CCNA ⇒ LPIC
※勉強に自信がある方向けです、最初からCCNAを勉強するやり方です。

もちろん、ネットワーク技術をメインとしてステップアップをしたい方は、LPICは取得しなくても構いません。

ネットワークエンジニアの資格と年収の関係性

ネットワークエンジニアは、初級から中級者の場合は、資格と年収の関係性が強く、資格を取ると年収が上がっていく傾向があります。

ゆえに年収を上げて行きたいと考える方も、資格を取得すると年収が上がって行きやすいと言えます。

詳しくは、別記事で「ネットワークエンジニアは資格を取ると年収が上がるの?」に記載していますので、興味があればあわせてお読みください。

ネットワークエンジニアとして活躍するための資格

ネットワークエンジニアには、キャリアアップのための資格が多数あります。

特にシスコ認定技術者はおすすめであり、その他上級の国家資格であるネットワークスペシャリスト試験や、セキュリティ系の資格である情報処理安全確保支援士試験、またサーバー系資格も非常に有効と言えるでしょう。

資格に興味がある方は、ネットワークエンジニア経験者向けに「ネットワークエンジニアにおすすめの資格一覧、難易度、受験料なども説明」を記載していますので、興味があればあわせてお読みください。

さいごに

ネットワークエンジニアの資格取得は非常に有益かつ大事ですが、その後は実機を触り、手を動かしながら勉強していく事で、エンジニアとしてのスキルを身につけていくと、更によいでしょう。

エンジニアに資格はいらないとはよく言われますが、初級から中級のネットワークエンジニアにとって資格取得は大きなメリットがありますので、これを機会に資格取得を検討頂ければと思います。

また、ネットワークエンジニアへの転職に関して、もう少し話を聞きたい、相談を希望したい方は、お気軽に「無料転職相談のご登録」からご登録ください。

■関連記事:ネットワークエンジニアにおすすめの資格一覧、難易度、受験料なども説明
■関連記事:未経験からネットワークエンジニアになるには?求人の実状や年収、転職のやり方などを解説
■関連記事:ネットワークエンジニア企業の平均年収ランキング【まとめ】
■関連記事:【7つの例文・解説付】ネットワークエンジニアの志望動機の作り方
■関連記事:ネットワークエンジニアの自己PRの作り方【アレンジ可能な例文付】

■転職相談:ネットワーク・インフラエンジニア求人を紹介してほしい方のお申込みはこちら
sp_b1
■CCNA・LPICの無料資格取得支援、転職支援サービスを希望の方はお申込みはこちら
CCNA、LPICの無料資格取得支援

転職エージェントが、質問・相談を斬る!

よくあるキャリア・転職の質問に、転職エージェントの私たちが答えます。

今まで私たちが答えた質問・相談の一部(約200件ほど)を記載していますので、他の人の質問・相談を見たい、質問・相談をされたい方はこちら

キャリアや転職などに関するご質問・ご相談を希望される方はこちらから

LINEで相談 >> LINEで送る
メールで相談 >> メールからのご相談

ネットワーク・インフララボは個人情報保護を遵守します。ご相談頂いた際に伺った個人情報を含め、適切に管理します。また、相談内容に関しては、ご相談者様の同意が無ければWEBに掲載は致しませんので、ご安心下さい。
※お電話での匿名相談を希望の場合は、お電話相談希望の旨などをLINEもしくはメールに記載下さい。
※ご相談に費用はかかりません(無料です)。

Pocket